NEWS
2019年04月28日 11時04分 JST | 更新 2019年04月29日 17時05分 JST

「世界一へ。すべてをかけろ。」胸を打たれたアスリートの言葉や名シーン、新聞の全面広告で振り返る(画像集)

ファンや支える企業から寄せられた、アスリートへの感謝や応援の思いがあった。

「世界一へ。すべてをかけろ。」「イチローが教えてくれたこと。」

誰もが感動したスポーツの名シーンや、胸を打たれた選手の言葉。ファンや支える企業から寄せられた、アスリートへの感謝や応援の思いが、その当時の新聞の全面広告には込められています。

そんな風に、スポーツを通して時代を切り取った新聞の全面広告から、当時のスポーツシーンを振り返ります。

 

●平成20年(2008年)8月8日

「北京オリンピック開幕」

ミズノ提供
ミズノの全面広告(2008年8月8日)

北京オリンピックの開幕日に、長年オリンピック・パラリンピックの日本選手団へのウェア・用具を納入するミズノが「スポーツを信じる。」とメッセージ。アスリートやスポーツファンに向けて、「ともに挑戦する仲間でありたい」とエールを送っています。

 

●平成20年(2008年)11月11日

「ソフトボール、五輪復帰を祈願」

日本ソフトボール協会提供
ソフトボール日本代表の全面広告(2008年11月11日)

2008年北京オリンピックで日本が金メダルに輝いたソフトボールは、12年ロンドン大会で競技から外れる結果に。その次の16年リオ大会での競技復帰に向けて、「Back Softball 2016」と誓いをたてました。

 

●平成21年(2009年)4月23日

「片山晋呉さん、マスターズ4位」

グローブライド提供
片山晋呉さんの全面広告(2009年4月23日)

ゴルフの片山晋呉さんが、2009年マスターズで日本人歴代最高タイ4位に輝きました。片山さんが見せたSAMURAIスピリッツを表現しています。

 

●平成23年(2011年)7月17日

「なでしこジャパン、W杯決勝進出」

なでしこジャパンの全面広告(2011年7月17日)

史上初のW杯決勝へ進出したなでしこジャパン。この日、「世界一へ。すべてをかけろ。」と力強いエールを受けて、強豪アメリカに挑みました。

 

●平成23年(2011年)7月19日

「なでしこジャパン、W杯優勝」

なでしこジャパンの全面広告(2011年7月19日)

そして、すべてをかけたなでしこジャパンは、世界一を掴みとりました。決勝で宿敵アメリカを相手に、2-2での延長戦の末、PK戦を制してあげた、劇的な勝利。「すべてをかけて掴み取った世界一。ありがとう、なでしこジャパン」

 

●平成25年(2013年)2月1日

「広島カープのキャンプイン」

広島カープ提供
広島カープの全面広告(2013年2月1日)

2013年シーズンのキャンプイン。カープファンの漫画家たちが、選手たちの姿を描きました。「投手王国復活を描く!」「線の太い打線へ!」と選手たちを鼓舞しました。

 

●平成26年(2014年)2月24日

羽生結弦選手、ソチオリンピックで金メダル」

ANA
羽生結弦選手の全面広告(2014年2月24日)

ソチオリンピックで金メダルに輝いたフィギュアスケートの羽生結弦選手。「みんなの想いに、ありがとう。」と、応援するファンの写真を添えて、羽生選手の偉業を称えました。

 

●平成28年(2016年)6月17日

イチローさん、日米通算4257安打」

オリックス提供
イチローさんの全面広告(2016年6月17日)

日米通算4257安打という、前人未到の偉業を成し遂げたイチローさん。

「個性は教えられるものではなく自分でつくるものだという事実」 や「絶対に破られるはずのない大記録でも、破ることができるという奇跡。」。古巣オリックスが「イチローが教えてくれたこと」として、敬意を評しています。

 

●平成29年(2017年)6月7日

「佐藤琢磨選手、インディ500優勝」

レーサー・佐藤琢磨さんが、日本人で初めて世界三大レース「インディ500」で優勝。「走り続けることでしか、叶えられないことがある。」と、佐藤さんの功績を称えました。

 

●平成29年(2017年)8月3日

「ダルビッシュ有投手、レンジャーズから移籍」

ダルビッシュ有投手が、古巣テキサス・レンジャーズへの感謝のメッセージを地元紙に掲載しました。5年半を振り返りながら、「全てのことに感謝します!お元気で!」と感謝しました。

すると、その3日後....

 

●平成29年(2017年)8月6日

「レンジャーズから、ダルビッシュ有投手へ」

そのお返しに、レンジャーズとファンから、ダルビッシュ投手にメッセージ。日本語で「超一流のパフォーマンスを、ありがとう。」と、ねぎらいました。

 

●平成29年(2017年)11月24日

「バスケ男子日本代表、W杯予選スタート」

日本バスケットボール協会提供
バスケ日本代表男子の全面広告(2017年11月24日)

バスケ・ワールドカップ予選の初戦、フィリピン戦の当日に、日本バスケットボール協会が決意表明。「日本バスケ史上、最も過酷な一年が、はじまる」。その言葉の通りに歩んだ茨の道の先に、未来は待っていました。

 

●平成30年(2018年)6月17日

「香川真司選手、ロシアW杯に寄せたメッセージ」

サッカー・ワールドカップロシア大会中に、日本代表の香川真司選手がメッセージを寄せました。「あの頃のように、サッカーを楽しむつもりです」。幼ないころの自分を振り返りながら、サポーターに感謝と決意を表明しました。

 

●平成30年(2018年)9月12日

「大坂なおみ選手、全米OP優勝」 

大坂なおみ選手が、全米OPで優勝し、日本人初のグランドスラム制覇。「世界沸騰」「大坂半端ない」と、大坂選手の偉業を称えました。

 

●平成30年(2018年)11月5日

「広島カープ、新井貴浩さん引退」

黒田博樹さんから新井貴浩さんへの全面広告(2018年11月5日)
黒田博樹さんから新井貴浩さんへの全面広告(2018年11月5日)

引退した元広島カープの新井貴浩さんに、黒田博樹さんからメッセージ。表面には「新打線、新井ブレーキ」「流れ変えた空振り」「黒田また無念」と酷評する新聞記事が並んでいますが、裏面には両手を高く挙げてガッツポーズする新井さんの姿と、「結局、新井は凄かった。」の一言。黒田さんなりの、はなむけの言葉を添えました。

 

●平成30年(2018年)11月22日 

「大谷翔平選手、メジャーリーグ新人王」

「いちばん笑っている人は、いちばん頑張った人だ」。メジャーリーグで新人王に輝いた大谷翔平選手が見せる最高の笑顔は、彼の最上級の努力の上に成り立っている。そんなねぎらいのメッセージが、送られました。

 

●平成31年(2019年)1月29日

「大坂なおみ選手、全豪OP優勝」 

全豪OPで優勝し、グランドスラム連覇の快挙を達成した大坂選手。「感動をありがとう」と祝福が寄せられました。

 

●平成31年(2019年)2月24日

「バスケ男子日本代表、W杯進出をかけた一戦」

日本バスケットボール協会提供
バスケ男子日本代表の全面広告(2019年2月24日)

絶望の4連敗からの、怒涛の7連勝。そして、悲願のワールドカップ出場をかけた、最終予選のカタールとの「日本バスケ、運命の決戦。」。日本バスケ界の新たな歴史を刻むため、日本バスケットボール協会が結束を呼びかけました。

 

平成31年(2019年)3月28日

「イチローさん引退」 

引退を表明したイチローさんをヒーローとして慕う元チームメイトが、感謝のメッセージをしたためました。「THANK YOU, ICHIRO.」。お互いに尊敬し合った2人の間に、それ以上の言葉はいりません。

 

●2019年(平成31年)4月2日

「イチローさん引退」

オリックス提供
イチローさんの全面広告(2019年4月2日)

「あなたのプレーを見たい。そう思えた時代を、ありがとう」。引退したイチローさんに、古巣オリックスから感謝のメッセージ。記録、そして記憶にも残るプレーに見せて続けてくれたイチローさんに、「あなたの次の挑戦を、楽しみに待っています。」と期待を寄せました。