NEWS
2019年04月08日 16時07分 JST | 更新 2019年04月08日 16時42分 JST

Twitterで「人が刺された」とデマ動画投稿 警視庁が20代の男女4人を書類送検

動画を投稿し、拡散を呼び掛けたアカウントは後日、投稿がフェイクだったことを告白していた。

EThamPhoto via Getty Images
写真はTwitterのイメージ画像

Twitter上に人が刃物で刺されたとして動画を投稿し、「犯人が捕まってない」などとうその書き込みをしたとして警視庁は4月8日、20代の男女4人を軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

送検容疑は3月15日、人が倒れこむような動画と、「ナイフか何かの刃物で刺されたみたいです。犯人はまだ捕まっていません」などといううその書き込みをTwitterに投稿したというもの。

どんな内容?

動画には、暗闇に男性とみられる2人が映り込んでおり、向かい合っていたが1人がアタックするような動きを見せた後、1人が倒れこんでもう一人が逃げるという1分ほどの内容が撮影されていた。

投稿は翌16日には3800回以上リツイートされた。しばらくして削除されたが、投稿してから少なくとも翌日までは放置されていた。

投稿では、犯人を見つけるためと称して「この動画拡散してください」「場所は町田市です」とも書き込まれていた。 

Twitterより
問題の投稿には、動画の拡散をするように呼び掛ける文言や、「この人が倒れた後にすぐに通報しました ナイフか何かの刃物で刺されたみたいです」などと事件性をにおわせる内容が書かれていた。

続くツイートでは、争いの内容などを伝え「私たちが見ていることしか出来なかったのが後悔です」 と書いたり「犯人に顔など見られてないかとても不安です」と不安めいた心情を投稿したりし、“犯人の特徴”も丁寧に説明していた。 

Twitterより
うその“事件”について説明する投稿
Twitterより
うその事件について“犯人の特徴”を書き込んだツイート

 動画を投稿し、拡散を呼び掛けたアカウントは後日、投稿がフェイクだったことを告白。

続くツイートでは動画作成者からの「お詫びらしいです」とさらに動画を付け加えた。

Twitterより
お詫びとして投稿されたツイート

フェイク動画を作ったとする別のアカウントは、4月1日に「炎上の件について怖がってしまったかた、迷惑をかけてしまったかた、心配をかけてしまったかたへ」として、動画で謝罪した。 

軽犯罪法ってどんな罪に問われるの?

今回、書類送検された容疑は軽犯罪法違反。その中でも虚偽申告では、「虚構の犯罪または災害の事実を公務員に申し出た」場合、拘留や科料に処される。

科料とは、1000円以上1万円未満の金銭を強制的に徴収される財産刑のこと。拘留は、1日以上30日未満、刑事施設に拘置される刑のことをいう。

フェイク拡散、過去にも逮捕者

いままでにも、こうしたフェイク投稿をしたことによる逮捕者が出ている。

2016年には、熊本地震の直後に「熊本の動物園からライオンが逃げた」というデマ情報をTwitterに投稿し、動物園の業務を妨害したとして、神奈川県に住む当時20歳の会社員の男が逮捕された。

また、震災などの緊急事態に乗じたデマ以外にも、有名人のアカウント作成デマや、Twitter上の新サービスがあるかのようなデマなどが拡散されている。

業務妨害や混乱が起きた場合にはTwitter社や警察などが注意を呼び掛けているが、Twitter上で冗談を助長する「ネタ文化」が根強くあり、気軽にデマを投稿するアカウントは後を絶たない。