NEWS
2019年04月27日 15時45分 JST

10連休初日の東京ディズニーランドが「空きすぎ」と話題に オリエンタルランド「天候も影響しているのかも」

「10連休は初めての事ですので、遠方から来る来園者の方は例えば移動日とされているのか...」と広報担当者は語った

4月27日から始まったゴールデンウィーク。

初めての10連休となり、空の便や新幹線など公共交通機関の混雑が報じられる一方で、千葉県浦安市の東京ディズニーランドが「空きすぎ」とネット上で話題となっている。

HARUKA OGASAWARA
東京ディズニーランドのシンデレラ城

パークを訪れたと見られる人たちが、Twitter上に閑散とした園内の写真や待ち時間の短いアトラクションの写真を投稿し、「今日ほんとに空いてるね」「閑散期?」とつぶやいている。

ハフポスト日本版の編集部がオリエンタルランドの広報担当者に取材したところ、「空いている事への理由は明確に分からないが、10連休は初めての事ですので、遠方から来る来園者の方は例えば移動日とされているのか...朝は雨も降っておりましたので天候も影響しているのかもしれません」と見解を語った。

待ち時間も少なくアトラクションなどを楽しめるようで、東京ディズニーリゾート公式アプリでは、午後3時現在、東京ディズニーランドの人気アトラクション「ビックサンダー・マウンテン」が20分待ち、スペースマウンテンが25分待ちなどとなっており、他にも5分待ちのアトラクションも多く見られる。

未だかつてない10連休。これだけ休みが続けば、混雑が分散したり、焦らずにレジャーを計画している人も案外いるのかもしれない。