NEWS
2019年06月10日 13時51分 JST

フィギュア女子・メドベージェワ選手への中傷に安藤美姫さんが応援呼びかけ「ハッシュタグ作ったのです」

メドベージェワ選手に向けた、彼女を中傷する内容や辛辣な言葉が書かれた手紙の存在が公表されていた。

元フィギュアスケーターの安藤美姫さんが6月9日、自身のインスタグラムを更新し、平昌五輪・フィギュア女子銀メダリストで、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手を激励した。

同選手は現在、日本で開催されているアイスショーに出演中だが、「日本人は皆お前を嫌っている。ロシアに帰れ!」などの辛辣な言葉や、彼女を中傷する内容が書かれた手紙の存在が公表され、物議を醸していた

安藤さんが更新したインスタグラムには、2人のツーショットと共に、「私たちは皆、エフゲニアを愛しています。あなたは、ありったけの愛で包まれているわ」とのコメントが英語で書かれている。

加えて、「メドちゃんへのハッシュタグ作ったのです。是非このタグ付けてメドちゃんに送りましょう」と綴り、メドベージェワ選手に対して激励を呼びかけた。安藤さんが作ったハッシュタグは「 #JapanLoveEvgenia 」だ。

この対応について、安藤さんのファンとみられる人々からは、「美姫ちゃん素敵な行動です」「彼女(メドベージェワ選手)へのサポートをありがとう!」などとメッセージが送られた。

メドベージェワ選手への中傷をめぐっては、同じアイスショーに出演しているジョニー・ウィアーさんが、自らのツイッターでメドベージェワ選手に宛てたとみられる手紙を掲載し「この振る舞いは、到底受け入れられない」と批判。

一方メドベージェワ選手は、「このようなことは一度や、二度、三度目でもない」と、自身のインスタグラムのストーリーズを更新し、明らかにしていた。