NEWS
2019年07月27日 12時53分 JST

ダルビッシュ有、高校野球の過密日程などを受け提案。「夏の県大会予選5月からやればいい」

投手の連投による怪我への懸念や予選大会の過密日程...。ダルビッシュ投手は、現代の高校野球が抱える問題を解決する案を提案した。

時事通信社
キャンプ初日の全体練習後、英語で米メディアの質問に答えるカブスのダルビッシュ有投手=2019年9月13日、アメリカ・アリゾナ州メサ

大リーグ・カブスに所属するダルビッシュ有投手が7月26日、ツイッターを更新し、地方予選大会の過密日程などが問題となっている高校野球の現状について、自身の考えを発信した

ダルビッシュ投手はツイッターで、「春の地方大会やめて、夏の県大会予選5月からやればいいやん」と綴り、自身の案を示した。

「佐々木登板させず」 大船渡高の決断が話題に

高校野球を巡っては、夏の甲子園への出場を懸けた地方予選大会の日程が過密となり、「球児たちの負担が大きくなる」など懸念の声が多く上がっている現状だ。

地方大会では、プロ注目の最速163キロ右腕の大船渡高校の佐々木朗希投手が、25日に行われた岩手県大会決勝で登板せずに敗れたことが大きな議論となっている。

同校の国保陽平監督は、佐々木投手を同試合で登板させなかったことについて、「私が投げさせないと判断しました。故障を防ぐため」だったと説明していた

岩手県大会の日程は、23日は試合が組まれていなかったものの、24日準決勝・25日決勝と連戦が組まれていた。

時事通信社
大船渡・佐々木朗希投手

ダルビッシュ有投手、「開会式もやめよ」

続いてダルビッシュ投手は、夏の甲子園の“開会式”について言及。

「開会式もやめよ。 誰が暑い中入場行進して、知らんおっちゃんの長い話聞きたいねん。 それかスカイプ開会式(にすれば良い)」と酷暑の中、長い時間を掛けて行われる開会式に苦言を呈し、廃止を訴えた。

時事通信社
第100回全国高校野球選手権大会の開会式で、整列する各校の選手ら

夏の甲子園では例年、開会式に向けたリハーサルが開幕の前日にある。

そして開会式当日は、代表校の選手たちが入場行進で内野に整列した後、熱中症対策として水分補給の時間が設けられているが、式の終了後はほどなくして開幕ゲームが行われる。

日本高野連は2018年の大会で、“大会本部の判断で試合中、給水、休憩のための時間を取ることができることとする”給水タイムを新たに設けていた。

過密日程への配慮や出場選手や応援者の熱中症対策など、解決すべき課題が山積する高校野球。今後も議論を呼びそうだ。