NEWS
2019年12月22日 11時10分 JST | 更新 2019年12月22日 12時51分 JST

伊藤詩織さんについて「いつの日かこの問題を取り上げたい」。報道特集の金平茂紀氏、2年越しの思い

金平茂紀さんは、2年前に行われた伊藤詩織さんの会見も取材。「同じ組織に属していた元同僚、部下が詩織さんにとった行動というのは、私は理解できないくらい非常に怒りを覚えています」と個人の所見を述べていました。

TBS
報道特集公式サイトより

ジャーナリストの伊藤詩織さんが性行為を強要されたとして元TBSワシントン支局長の山口敬之さんと争い、勝訴した裁判。12月21日のTBS系「報道特集」で、金平茂紀キャスターが「今日は残念ながらお伝えできませんが、いつの日かこの問題を取り上げたいと私は思っています」と異例のコメントをした。

金平さんが文章を読み上げたのは、伊藤さんの件について番組が始まり、膳場貴子キャスターが「こんばんは、12月21日の報道特集です」と挨拶をした直後。手元に用意していた紙に時折目を落としながら、「私」という言葉に特に力を込めた。

「TBS元ワシントン支局長が就職希望の伊藤詩織さんに性暴力を働いたとして詩織さんに損害賠償を求められていた裁判で、詩織さんに全面勝訴の判決が出ました。
世界的な広がりを見せる #MeToo 運動とも繋がる画期的な出来事です。
今日は残念ながらお伝えできませんが、いつの日かこの問題を取り上げたいと私は思っています」

時事通信社
伊藤詩織さん(左)と金平茂紀さん(右)

2年前にも「非常に怒りを覚えています」

金平キャスターは1977年にTBSに入社。山口さんと同じワシントン支局長も経験している。

金平さんは2017年10月、伊藤さんが自身の体験や海外の性被害者支援のあり方を取材した著書「Black Box」の出版を機に行った日本外国特派員協会の記者会見も取材していた。

当時、テレビではほとんど伊藤さんの訴えは報じられていなかったが、金平さんはこの時も質問に立ち、質問の前に個人の所見を述べていた。

海外メディアの記者に続いて質問に立った金平さんは、「警察が弁護士を紹介して示談を斡旋したというが、これは詩織さんから頼んだのか」と質問した。質問に入る前に、「えー、質問しようかどうか迷ってたんですけどね」と切り出し、次のように語っていた。

「私はTBSの元ワシントン支局長です。私、同じ組織に属していた元同僚、部下が詩織さんにとった行動というのは、私は理解できないくらい非常に怒りを覚えています」

 

「就職の話に絡んでああいうことをやるという状況が、私には理解できないです。支局で働く人間を選ぶのに、あんなことを私は想像もできないし、ましてや犯罪行為がもしあったとすれば、1人の人間のモラルとして恥ずべきことだという風に、私は個人的には思っているんですがね」

 

「あまりにも登場人物が私の周りにいすぎるものですから、質問するかどうかは非常に迷ってたんですが、私自身はそういう気持ちでおりますということをお伝えしたいと思います」

伊藤さん勝訴の判決を受け、TBSテレビは「元社員の在職中の事案であり、誠に遺憾です」とコメントを発表している。