NEWS
2020年05月08日 12時17分 JST

「このラジオを変えていきたい」。岡村隆史さん「可愛い子が性風俗に」発言を再び謝罪し決意語る

「特に女性の方々に対する向き合い方と考え方、そういうところを変えていかないといけない」と語った。

吉本興業所属のお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史さんが、5月7日深夜に放送されたラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』に出演。

4月23日放送での自身の不適切発言について、改めて謝罪した上で「このラジオを変えていきたいと思います」と“再出発”の決意を語った。

ニッポン放送
『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』

岡村さんは、7日の放送も前回同様に番組冒頭から自身の発言に言及した。

「先週相方が来てくれて、自分が気づかなかった点、ダメなところ、アカンところを指摘してくれました。(相方の矢部浩之さんからは)『生き方を変えなさい』と言われました」とコメント。

批判が相次いだ4月23日の放送での不適切な発言を受け、「やっぱり、ここは自分が変わること。考え方とか人との関わり方、特に女性の方々に対する向き合い方と考え方、そういうところを変えていかないといけないなと思いました」と話し、これまでの自身の考えを改めていくとした。

時事通信社
岡村隆史さん

岡村さんは4月23日の放送で、リスナーからの質問に応え自らの考えを述べる形で、新型コロナによる生活苦で“可愛い人”が性風俗店で働くことになるのを「楽しみ」などと語り、批判が相次いでいた。

翌週4月30日の放送で、岡村さんはこの発言について「大変な失言だった」などと謝罪。

同放送には相方の矢部浩之さんが出演し、「致命的やと思う。岡村隆史が女性に対して軽視しているとか、男尊女卑の考えであったりね」などと岡村さんについて語っていた。

時事通信社Ž–
ナインティナイン

5月7日の放送では、岡村さんが「このラジオを変えていきたいと思います」と決意を口にした。

「僕はラジオが好きです。この気持ちだけはこれからもずっと変わることはないと思っています。やらせていただける限りやりたいという風に思っています」と、20年以上に渡って続けているラジオへの想いを明かした。

なお、前回の放送同様、相方の矢部浩之さんは岡村さんの番組に2週続けて出演していた。