joseisabetsu

女性はミソジニーを毎日のように経験している。だけどアジア系女性は、さらにもう一枚人間性を剥奪されるような扱いを受けているのです
世界経済フォーラム(WEF)が国別に男女格差を数値化した「ジェンダーギャップ指数2021」が発表された。日本は調査対象となった世界156カ国の120位という順位だった。
性暴力被害者への支援事業をめぐって「女性はいくらでもウソをつける」と発言した。
「今の政治家は、女性や若者の意見を聞かなくても選挙で票を獲得できるというのが現状です」
森喜朗氏、自民党の杉田水脈衆院議員、松井一郎大阪市長など。8人の差別発言がピックアップされています。
森喜朗氏の発言への抗議署名の発起人らが、組織委を訪問。約15万7000筆の署名を直接手渡しました。
「このことを森さん個人の問題として捉えて、『森さんは時代遅れの人だったね』で終わらせてしまっても意味はない。個人というより『社会の問題』として捉えたい」。多くの賛同が集まった署名の発起人はそう話します。
森喜朗会長の女性蔑視発言に抗議し、白を着用した野党議員。舛添氏は「白い服を着るだけなら国会議員でなくても出来る。これでは政権はとれない」などとTwitterに投稿した。
EXITの兼近大樹さんは森氏の会見に対して「こういうの見ると、普段から女性の方って我慢めちゃくちゃしているんだなというのは感じられた」と話した。
森会長は謝罪・撤回し、IOCは「この問題は終了した」などと幕引きを図るが、抗議の声はおさまる様子がない。