NEWS
2020年05月08日 12時47分 JST | 更新 2020年05月08日 13時00分 JST

東京ディズニーランドの新エリア、再開してもしばらく行けず。「両パーク再開後の状況を見て決定」。臨時休園延長で

『美女と野獣』などの新エリア、やはりパークの運営再開後にすぐには行けそうにない。

HARUKA OGASAWARA
ニューファンタジーランドにそびえ立つ城。2020年2月頃に撮影。

新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受け臨時休園となっている東京ディズニーランドと東京ディズニーシーについて、引き続き休園期間を延長すると運営する株式会社オリエンタルランドが5月8日、公式サイトで発表した。

また、東京ディズニーランドにオープンする予定の新エリア『ニューファンタジーランド』については、「両パーク再開後の状況を見て決定」すると明らかにした。

HARUKA OGASAWARA
2020年に東京ディズニーランドにオープン予定の『ニューファンタジーランド』

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2月29日から臨時休園している。

また、運営会社は公式サイトで、「2ヶ月以上臨時休園が続いていることを踏まえ、雇用維持に資する施策の一環として社員の一時帰休、役員報酬の自主返納等を行います」と発表。

東京ディズニーリゾートは、パークでアルバイトとして働く従業員の休業補償として、3月から5月までの3ヵ月分を増額するなどの対応をとってきた。

しかし、臨時休園が続いていることを受け、アルバイト従業員以外の社員・嘱託社員、テーマパークオペレーション社員の約5400人についても、2020 年 5 月18 日からパーク再開までの間、勤務日数のうち月4日を「休業日」とし、休業日については賃金の一部を支給することを決めた。

時事通信社
新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令に伴い、臨時休園中の東京ディズニーランド(手前)と東京ディズニーシー