NEWS
2020年10月07日 10時23分 JST | 更新 2020年10月07日 10時32分 JST

エディ・ヴァン・ヘイレンさん「真に美しい魂だった」。ロック仲間や家族から追悼の言葉相次ぐ

伝説の「ギターヒーロー」との別れを惜しむ声が広がっています

Jeff Christensen / Reuters
バンド「ヴァン・ヘイレン」のメンバーたち。エディ・ヴァン・ヘレンさん(右から2番目)はがんのため亡くなった

伝説のロックバンド「ヴァン・ヘイレン」を率いたギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンさんが、がんのため65歳で亡くなった。ミュージシャン仲間など生前に親交の深かった人々から、ともに過ごした日々の思い出をしのび、別れを惜しむ声が次々に上がっている。

「ヴァン・ヘイレン」の元ボーカリストのサミー・ヘイガーさんは、「悲しみに打ちひしがれ、言葉になりません」などとツイートした。

ロックバンド「エアロスミス」のメンバーは、エディ・ヴァン・ヘイレンさんとの3ショットを公開。「安らかにお眠りください」との追悼メッセージを寄せた。

ロックバンド「KISS」のベーシスト・ボーカリストとして知られるジーン・シモンズさんは「心が引き裂かれる。エディはギターの神であるだけでなく、真に美しい魂だった。どうか安らかに、エディ!」。

イギリスのシンガーソングライター、キャット・スティーブンスさんは「音楽への激しい情熱と技術への探索を備えた、ギターの革新者」などと称えた。

ミュージシャンのトミー・リーさんはインスタグラムを更新。若き日のエディ・ヴァン・ヘイレンさんとの写真を公開し、友の死を悼んだ。

エディ・ヴァン・ヘイレンさんの長男で、「ヴァン・ヘイレン」のベーシストでもあるウルフギャング・ヴァン・ヘイレンさんは自身のTwitterで、笑顔のエディさんの写真とともに、最愛の父が死去したことを報告した。

「彼はいつも助けを求めることができる、最高の父でした。ステージの上でもそれ以外でも、彼と共有した時間は私にとって天からの贈り物。とてもつらく、この喪失から完全に回復できるとは思いません。心から愛しています」