WORLD
2020年12月09日 16時01分 JST | 更新 2020年12月09日 16時03分 JST

韓国プロ野球選手がインスタで障がい者揶揄、セクハラ暴言も⇒契約解除

同調コメントを書いた他の3人に対しては、罰金が科せられた。

韓国・サムスンライオンズのサイトより
契約解除に関する発表

韓国のプロ野球チーム「サムスン・ライオンズ」が、12月7日、SNS暴言騒動を起こした内野手、シン・ドンス選手との契約を解除した。選手がインスタに書き込んだ暴言の深刻性を考慮し、断固たる措置が必要だと考えたという。

シン・ドンス選手は、過去、非公開のインスタグラムに、所属チームの選手とコーチ、縁故地である大邱市などを卑下する文章を数回掲載した。それだけでなく、密かに撮影した市民の写真をアップロードし、障がい者に対する差別的な表現を書き込んだ。

また、女子高校生の写真には「山参(自然に生えている高麗人参)より体にいい高3」と書き込み、未成年者をセクハラした。

サムスン球団は、シン・ドンス選手だけでなく、このインスタに同調するコメントを書き込んだ他の選手3人も懲戒処分とした。

「選手のSNS騒動に関する責任を痛感し、既存の選手たちを対象にしたSNSや倫理教育を強化するなど、再発防止のために可能な全ての努力を傾ける」とサムスン球団は発表している。

 

この記事は、ハフポスト韓国版を翻訳・編集しました。