アニャ・テイラー=ジョイ、どんな人? ゴールデングローブ賞で女優賞。Netflixドラマ主演で注目集まる

Netflixのドラマ『クイーンズ・ギャンビット』では、女性のチェスプレイヤー役に抜擢。モデル出身でファッションアイコンとしても注目を集めています。
|
アニャ・テイラー=ジョイさん
アニャ・テイラー=ジョイさん
Photo by Vera Anderson/WireImage

ドラマ『クイーンズ・ギャンビット』主演のアニャ・テイラー=ジョイさんが、第78回ゴールデン・グローブ賞の「テレビの部・リミテッドシリーズ、テレビ映画」部門で女優賞に輝いた

本作はNetflixで配信中。全世界で6200万の世帯で見られ、63の国でランキング1位に輝いたという大ヒット作だ。同部門の作品賞も受賞した。

注目の俳優、アニャ・テイラー=ジョイさんのキャリアや今後の出演作は?

『マッドマックス』スピンオフにも出演予定

アニャ・テイラー=ジョイさんは1996年4月16日生まれの24歳。

モデルとしてキャリアをスタートし、ホラー映画『ウィッチ』や、M・ナイト・シャマラン監督の『スプリット』などに出演し、一躍人気俳優に。ヒット作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のスピンオフ映画『フュリオサ(原題)』への出演も決まっており、今後の活躍にも期待が集まる。

『クイーンズ・ギャンビット』では、男性優位のチェスの世界で幼い頃から傑出した才能を持ち、次々と大会で勝ち抜いていく女性チェスプレイヤーのベス・ハーモン役に抜擢。養護施設で育った孤児で、薬物およびアルコール依存を抱えるベスという複雑なキャラクターを演じたテイラー=ジョイさんの演技力は高く評価された。

『クイーンズ・ギャンビット』は、1960年代のアメリカが舞台。ベスが身に纏う当時を再現したファッションも人気で、チェックの服を多く使用したことについて、担当デザイナーは「直線的でコントラストの強いチェックは、勝負の世界のシビアさやチェス盤の世界を表現している」と話している

指先のネイルも『クイーンズ・ギャンビット』風

モデル出身のテイラー=ジョイさんは、自身もファッションアイコンとしても知られており、ゴールデングローブ賞のドレス姿も称賛を浴びている。

アニャ・テイラー=ジョイさん
アニャ・テイラー=ジョイさん
DIOR 提供

ゴールデングローブ賞の授賞式にはオンラインでの参加。テイラー=ジョイさんのドレスルックは、ディオール オートクチュールによるグリーンのドレスとイブニングコート。身につけているアクセサリーはティファニーのダイヤモンドだ。さらにPeopleによると、指先のネイルはチェック模様で、『クイーンズ・ギャンビット』から着想を得たと見られる。

スタイリスト、ロー・ローチさんのインスタグラムには、この日のテイラー=ジョイさんの動画や写真が複数投稿されている。