#CHANGEDESTINY
2021年05月22日 16時11分 JST | 更新 2021年05月22日 16時23分 JST

「あなたは人種差別的で性差別的な男の子」。10代少女のパンクバンドが実体験をもとに熱唱(動画)

ロサンゼルス公共図書館での「リンダ・リンダズ」のライブがSNSで反響。「私たちが今必要としている曲です」と称賛する声も

♫ あなたは人種差別的で性差別的な男の子

そして人種差別的で性差別的な喜びを感じている

あなたが壊したものを 私たちはもう一度建て直す ♪

アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動する10代の少女たちのパンクバンドが、人種差別の体験をもとにつくった曲を図書館で披露。パワフルな動画がSNSで拡散し、反響が広がっています。

曲のタイトルは、『人種差別的で、性差別的な男の子』。

ロサンゼルス公共図書館の公式Twitterは5月21日、少女4人によるパンクバンド「リンダ・リンダズ」が演奏する動画を投稿しました。これは「アジア太平洋アメリカ文化遺産月間」に合わせて4日にYouTubeで生放送された館内イベントの一幕でした。

歌い出す前、ドラムのミラはこの曲が生まれた背景を明かします。

「ロックダウンになる少し前、クラスの男の子が私のところにやってきて、彼のお父さんから『中国人から離れるように言われた』と言いました。私は中国人だと彼に伝えると、彼は私から遠ざかっていきました。エロイーズと私は、その時の経験に基づいてこの曲を書きました」

エロイーズは続けて「これは彼と、世界中の全ての人種差別的で性差別的な少年たちについて歌った曲です」と説明します。

歌詞には、人種や性を理由に差別をする同世代に向けての思いや、自分たちの決意が込められています。

<あなたは意地悪なことを言って 好きじゃないことには心を閉ざす

見たくないことから目をそらしている>

 

<あなたは人種差別的で性差別的な男の子

そして人種差別的で 性差別的な喜びを感じている>

 

<あなたが壊したものを 私たちはもう一度建て直す

あなたは人種差別的で性差別的な男の子>

 

バンド名はあの映画から

Twitterの約2分間の動画は、視聴回数が240万回を超えて大きな反響を呼んでいます。

2016年にピューリッツァー賞フィクション部門を受賞したベトナム系アメリカ人の小説家、ヴィエット・タン・グエンさんは、ツイートでこの曲について「私たちが今必要としている曲です」と称賛しました

リンダ・リンダズの公式サイトによると、メンバー4人はいずれも10代。2人はアジア系、もう2人はラテン系で、うち2人は姉妹です。2018年夏に結成しました。

NPRによると、少女たちのバンド名は、2005年の日本映画「リンダ リンダ リンダ」にちなんで名付けられました。