NEWS
2021年05月31日 12時28分 JST | 更新 2021年05月31日 13時40分 JST

「命を守る法律を」LGBT法めぐり抗議集会 自民党本部前で300人

自民党が「LGBT理解増進法案」の提出を断念したことを受け、約300人が自民党本部前に集まった。

Jun Tsuboike / HuffPost Japan
自民党本部前の抗議集会の参加者ら

「LGBT理解増進法案」について自民党が今国会への提出を断念したことを受け、5月30日、抗議集会が東京都・永田町の自民党本部前であった。

主催者によると約300人が自民党本部前に集まり、オンラインでも1200人が参加。LGBTQ当事者などによるリレートークがあり、実効性のある法律を求める声や、自民党の会合で相次いだ差別発言に対する訴えなどを語った。 

Jun Tsuboike / HuffPost Japan
自民党本部前の集会で話すLGBT法連合会・事務局長の神谷悠一さん

一般社団法人「fair」の代表理事でゲイ当事者の松岡宗嗣さんは、性的指向や性自認に基づく差別をなくす法律が必要だと訴えた。

「当事者の生きやすさを運命に委ねないということが重要だと思います。どこに生まれても、どんなジェンダーやセクシュアリティの人も、不当な差別を受けずに自分らしく生きていける。そんな社会を作る為にはまず法律が必要です」

トランスジェンダー当事者の杉山文野さんは「小さい時は自分だけが頭がおかしいんじゃないかと、未来を描けずに、誰にも相談ができないまま、死ぬことばかりを考えていた」と話した。

「幸いなことに家族や友達に恵まれた僕は、何とか生き延びることができました。しかし、全国の当事者からの『辛い、助けて、死にたい』というメッセージが未だに後をたちません。相談を受けた中で、実際に亡くなった方々も数えきれません」

「法律ができても、反対している人たちの命が奪われることはありません。どうか、今国会で命を守る法律を作ってください」 

Jun Tsuboike / HuffPost Japan
抗議集会の参加者ら

法案の「差別は許されない」という文言をめぐり自民党で議論が紛糾した際、反対する意見の中には「差別を理由にした裁判が増えて混乱する」という主張もあった。

同性婚の実現を求めている「結婚の自由をすべての人に」訴訟の原告の1人である西川麻実さんは、「自分の生活が侵害されているから裁判を起こしている」と反発した。

「ただ家族とともに穏やかに生きていきたい。この思いが侵害されているから、裁判を起こさずにはいられない。差別があるから、それをなくしてほしい。差別のない社会で家族と一緒にいたいという人並みの暮らしがしたい。それが裁判を起こしている理由です」 

Jun Tsuboike / HuffPost Japan
自民党本部

集会ではキャンドルが配られ、リレートークの後半には差別で命を失った人たちに黙祷を捧げる一幕があった。

黙祷を呼びかけたのは「プライドハウス東京」代表の松中権さん。松中さんが出身の一橋大学では、2015年に大学院生が同級生にゲイであることを暴露されその後転落死した「一橋大アウティング事件」があった。

「ニュースでは報じられない、たくさんの人たちが命を落としている。この瞬間も、悩んでいる方々がたくさんいる」

「もうこれ以上私たちの命を奪わないでください。私たちを殺さないでください」

「LGBT理解増進法案」は超党派の議員連盟がまとめた。

元々野党が「差別解消法案」を提出し、自民党も特命委員会が「理解増進法案」の要綱を了承していたが、与野党での一本化協議でお互い譲歩し法案には「差別は許されない」の文言が入った

しかし、自民保守派の反発によりその後議論は紛糾。会議では差別発言も行われた。法案はいったん了承されたが、党内手続きの最終関門となる総務会で国会への提出を断念する方針となった

30日18時に始まった抗議集会は、24時間にわたり自民党本部前で座り込みなどを続けるという。当事者団体に抗議文や署名も提出する予定だ。