WORLD
2021年07月29日 12時15分 JST | 更新 2021年07月30日 13時40分 JST

ギリシャ国営テレビ、東京オリンピックで人種差別発言のコメンテーターを解任

東京オリンピック競技を伝える番組で、自国代表と対戦した韓国選手に人種差別的な発言をしたとして、ギリシャの国営放送ERTがゲストコメンテーターとの提携を打ち切った。

東京オリンピック競技を伝える番組で、自国代表と対戦した韓国選手に人種差別的な発言をしたとして、ギリシャの国営放送ERTがゲストコメンテーターとの提携を打ち切った。 

AP通信などによると、差別発言をしたのはギリシャのジャーナリストのディモステニスカルミリス(Dimosthenis Karmiris)氏。

カルミリス氏は、7月27日に放映された番組で、卓球男子シングルス3回戦で自国ギリシャ代表のパナヨティス・ギオニス選手と対戦した韓国代表チョン・ヨンシク選手の技術について問われ、「彼らの目は細いから、どうやって球が行ったり来たりするのが見えるのか、私には分からない」と発言。自らの発言に声を上げて笑った。

via Associated Press
韓国代表の卓球男子チョン・ヨンシク選手

批判を受けて、ERTはその日のうちに「公共放送は人種差別コメントを一切許しません。カルミリス氏との提携は番組直後の本日、解消しました」との声明を発表した

試合はヨンシク選手がギオニス選手を4-3で破った