WORLD
2021年07月30日 16時03分 JST | 更新 2021年07月30日 19時45分 JST

香港選手が金メダル→表彰式の中国国歌にブーイング。「We are HongKong」と叫んだ観衆を捜査へ 現地警察【UPDATE】

表彰式で中国国歌である「義勇軍行進曲」が流れると、観衆からはブーイングが上がり、続いて「We are HongKong(私たちは香港だ)」というコールが巻き起こった。

東京五輪のフェンシング・男子フルーレで、香港選手が7月26日、返還後の香港チームでは初となる金メダルを獲得した。この瞬間を見届けた香港のショッピングモールでは、表彰式で鳴り響く中国国歌にブーイングが起こった。

これに対し、現地の警察は観衆に対し捜査を開始した。香港メディアが伝えた。

South China Morning Post via Getty Images
東京五輪のフェンシング・男子フルーレで、香港チームとしては初の金メダルに輝いた張家朗選手

■「すでに映像を入手」

7月26日、東京五輪のフェンシング・男子フルーレで、香港チームとして出場していた張家朗選手が初の金メダルに輝いた。

香港のショッピングモール「apm」では、多くの市民がスクリーンに映し出される試合を見守り快挙に湧いた。しかし、表彰式で中国国歌である「義勇軍行進曲」が流れると、観衆からはブーイングが上がり、続いて「We are HongKong(私たちは香港だ)」というコールが巻き起こった。

この様子を捉えた動画はSNSなどで拡散された。

これに対し、親中国系香港メディア「文匯報」は30日、この出来事について警察が捜査を開始したと報道。すでに映像を入手したと伝えた。公共放送のRTHKも同様の記事を配信した。

香港では2020年6月、中国国歌への侮辱などを禁じた罰則付きの「香港国歌条例」が成立している。 

【UPDATE 2021/07/30 19:30】
公共放送・RTHKは、警察が男一人を逮捕したと報道した。「香港01」は、逮捕されたのは40歳のネットメディア記者としている。