TOKYO 2020
2021年08月07日 10時06分 JST

中国「かめはめ波」ドイツは「ジョジョ立ち」...?男子400メートルリレー、最高すぎる入場を披露【東京オリンピック】

Twitterでは「笑った」「日本ならではを表現してくれている」と好意的なコメントが相次いだ。

8月6日に決勝が行われた東京オリンピック男子陸上・400メートルリレー。日本はバトンが繋がらず途中棄権という悔しい結果に終わったが、その入場シーンが話題を呼んでいる。

 「かめはめ波」や「ジョジョ立ち」と思わしきものなど、各国の選手たちのポーズが個性豊かすぎるのだ。

■日本ならではを表現?

まずは日本。空手の「押忍!」にも見えるポーズで気合を入れて入場してきた。

Cameron Spencer via Getty Images
左から桐生祥秀選手、山縣亮太選手、小池祐貴選手、多田修平選手(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

続いては中国。鳥山明さんの漫画「ドラゴンボール」でお馴染み、孫悟空の必殺技「かめはめ波」を披露した。ちなみに同作は中国では「龍珠」という名称で知られている。

Cameron Spencer via Getty Images
中国の選手たち (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

そしてドイツ。両腕をクロスさせる選手の中に、見覚えのあるポーズが混ざっている。右手を顔の前にかざすのは、荒木飛呂彦さんの漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの「ジョジョ立ち」ではないかと思われる。

Cameron Spencer via Getty Images
TOKYO, JAPAN - AUGUST 06: Members of Team Germany pose before competing in the men's 4x100m relay final on day fourteen of the Tokyo 2020 Olympic Games at Olympic Stadium on August 06, 2021 in Tokyo, Japan. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

「ジョジョ」はキャラクターのデザインやセリフ回し、立ち姿などの独特な描写が特徴。中でもスタイリッシュな立ち方はファンの間で「ジョジョ立ち」と呼ばれ親しまれる。

また、ジャマイカも息のあったお辞儀を披露した。

Twitterでは「笑った」「日本ならではを表現してくれている」と好意的なコメントが相次いだ。