五輪マークに虫らしき物体とまる。橋本会長の閉会宣言を一番側で聞いていた(画像)

一度画面が切り替わった後、続いてバッハ会長のスピーチが始まったが、「虫の姿」はなくなっていた。
|
スピーチする橋本聖子会長
スピーチする橋本聖子会長
Dan Mullan via Getty Images

東京オリンピックの閉会式で、組織委員会の橋本聖子会長が閉会宣言をするスピーチをしていた際、スピーチ台に取り付けられた五輪マークに虫のような物体が映り込んでいた。

Twitter上では、異変に気づいた人たちが、セミや蛾ではないかと話題にあげていた。

虫らしき物体は、橋本会長のスピーチ中、全く動く気配がなかった。橋本会長のスピーチが終わり、一度画面が切り替わった後、バッハ会長のスピーチが始まった。同じスピーチ台の映像が映し出されたが、虫の姿はすでになかった。

橋本聖子会長
橋本聖子会長
Dan Mullan via Getty Images
バッハ会長
バッハ会長
Dan Mullan via Getty Images