NEWS
2021年08月18日 11時04分 JST | 更新 2021年09月03日 10時03分 JST

大谷翔平選手の「田んぼアート」の再現度がすごい。“名物解説者”のツイートで世界のファンに広がる【写真】

大谷の背番号・17にちなんで「翔平の日」と応援を呼びかけた解説者の投稿が反響を呼んでいる。「美しい」と海外ファンからも称賛される。

Getty Images
大谷翔平選手

メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手は日本時間の8月18日、敵地でのデトロイト・タイガース戦で「1番・指名打者」で先発出場している。

初回の第1打席では2試合ぶりとなる安打を記録した。そんな中、試合中継を担う「バリー・スポーツ・ウェスト」の解説者が試合前にTwitterに投稿した内容に反響が寄せられている。

“名物”解説者が呼びかけた「大谷の日」

試合中継の解説を担当するエンゼルスOBのマーク・グビザさんは18日、Twitterで「It’s #ShoheiDay!! The 17th day of each month!! Let’s go!(アメリカ時間の毎月17日は翔平の日だ!!さぁいこう!)」とツイート。投稿には「#Oshucity(奥州市)」「#Sugoi(すごい)」というハッシュタグも添えられていた。

大谷の背番号「17」にちなんで、ファンに応援を呼びかける意図だったようだ。注目すべきは添付された画像。大谷選手の「田んぼアート」が目を引く。

Twitterで田んぼアートを見た人からは「Wow,Shohei in there」「Beautiful...」などと反響が寄せられていた。 

「田んぼアート」の正体は...?

この大谷翔平選手の「田んぼアート」。実は、大谷選手の出身地である岩手県奥州市の「アテルイの里」が2008年から取り組んでいるもの。

緑が鮮やかな田んぼの中で、大谷選手がバッティングの構えを見せている。

この田んぼアート、毎年一般に公開されているのだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開が2年連続で中止になっている。

Twitterで公開された大谷選手の「田んぼアート」は2019年8月のものだった。

岩手県から世界に羽ばたき、2021年シーズンはMLBオールスターゲームに出場するなど活躍を見せている大谷選手。

地元の“英雄”をたたえた「田んぼアート」の存在は、海外の解説者のツイートをきっかけに世界の海の向こうの大谷ファンに届いた。