NEWS
2021年10月17日 16時15分 JST | 更新 2021年10月17日 17時00分 JST

『ハンカチ王子』斎藤佑樹投手の引退記念グッズ、「リアルすぎる」と話題

日本ハムの公式オンラインストアで販売されている「斎藤佑樹引退記念 フェイスステッカー」の存在感がすごい…!

時事通信社
日ハムの斎藤佑樹投手

今季限りで現役を引退する日本ハムの斎藤佑樹投手。10月17日のオリックス戦で引退登板した。

早稲田実業の3年生だった2006年夏の甲子園では、決勝で田中将大投手(駒大苫小牧)と投げ合い、引き分け再試合の末に優勝。ハンカチで汗をぬぐう姿から『ハンカチ王子』の愛称でも人気を集めた。

そんな斎藤投手の「引退記念グッズ」が話題になっている。

サイン入りメッセージの横には、半立体でリアルな斎藤投手の顔が…。

日本ハムの公式オンラインストア
日本ハムの公式オンラインストアより

日本ハムの公式オンラインストアには、次のような説明がある。

 

「斎藤投手の顔を最新のデジタル技術にて3Dスキャンし、そのリアルなデータをフルカラー3Dプリンター「Stratasys J750」にて造形して製作した半立体ステッカーです。

 

斎藤投手本人のデータから作られている為、正に斎藤投手そのものです。

 

ステッカーは再剥離可となっている為、スマートフォンやノートパソコン等、どこでも何度でも貼ることが出来ます。」

日本ハムの公式オンラインストア
ステッカーは、スマホに貼ることもできるという=日本ハムの公式オンラインストアより

この引退記念グッズには、SNS上で「ぶっ飛んでる」「リアルすぎる」などの声が上がっている。受注販売となっており、受注期間は10月25日まで。