NEWS
2021年10月18日 11時13分 JST

週中頃に再び寒気が南下 朝の冷え込み続く(週間天気)

西日本や東日本では太平洋側を中心にスッキリとしない天気の日が多くなる予想です。

ウェザーニュース

2021/10/18 05:58 ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

  • 明日から明後日は広範囲で雨
  • 再び寒気が南下 寒さに注意
  • スッキリしない天気が続く

明日から明後日は広範囲で雨

ウェザーニュース
予想天気図 19日(火)

明日19日(火)は日本海から低気圧が接近し、明後日20日(水)にかけて北日本を通過していきます。このため広範囲で雨が降る見込みです。

低気圧通過後は日本付近は再び冬型の気圧配置が強まります。各地で風が強く吹き、北日本の日本海側や北陸などでは横殴りの雨となる可能性があります。荒れた天気に注意してください。

>>10日先までの天気や風、気温の予想

再び寒気が南下 寒さに注意

20日(水)から21日(木)にかけては寒気の流れ込みが強まり、再び北海道や本州の標高の高い山などで雪が降る可能性があります。車の運転などに注意が必要です。

風も強く吹くため、東京では木枯らし1号の発表があるかもしれません。季節先取りの寒さとなりますので、服装選びなどに注意してください。

>>10日先までの服装予報

スッキリしない天気が続く

21日(木)は北日本を中心に冬型の気圧配置となりますが、西からは高気圧が張りだしてきます。ただ、西日本の太平洋沖には前線が形成され始め、週末にかけて停滞する予想です。また、関東の南でも雲の発生しやすい状況になるとみられます。

このため、西日本や東日本では太平洋側を中心にスッキリとしない天気の日が多くなる予想です。このため気温もあまり上がらず、肌寒く感じる日が続きそうです。

>>この先の詳しい天気や気温をアプリで見る

今週は、20日(水)に満月が、21日(木)にオリオン座流星群の出現ピークがやってきます。20日(水)は太平洋側を中心に、21日(木)は西日本の日本海側を中心に、天体観測のチャンスがありそうです。

>>オリオン座流星群 21日ピーク

【関連記事】