これからの経済
2021年10月22日 12時47分 JST

スタバ、LINEでレジに並ばずコーヒー注文。関東エリアの約100店舗で開始

サービス名は「LINE Starbucks Order & Pay(スターバックスオーダー&ペイ)」。12月(2021年内)には全国へ展開予定です。

Engadget 日本版

LINEとスターバックス コーヒー ジャパンは、スターバックスの「LINE公式アカウント」から商品を注文できる新たなモバイルオーダーサービス「LINE Starbucks Order & Pay(スターバックスオーダー&ペイ)」を千葉県内のスターバックス全店と東京都・神奈川県内の一部を含む約100店舗で開始しました。12月(2021年内)には全国へ展開予定です。

こちらは、あらかじめアプリで注文〜決済までを完結し、レジに並ばず商品を受け取れる──というサービス。今回の発表内容は、すでにスターバックスアプリで提供中の Mobile Order & Pay のLINE版が用意されたようなイメージです。店側で商品を受け取れる準備が整うと、ユーザー側のLINEアプリのトーク画面に通知が届きます。商品の受け取りは店舗かドライブスルー。

■オーダー手順

  1. スターバックスのLINE公式アカウントを友だち追加し、ホーム画面のメニューから「モバイルオーダー」を選択

  2. 店舗、商品、カスタマイズを選択

  3. オーダーを確定し、登録済みのLINE スターバックス カードで決済

  4. 商品のご用意ができたらトークで通知

  5. 受け取り番号を取得 ※ニックネームでの受け取りも可能です 

  6. 店舗もしくはドライブスルーレーン(対応店舗のみ)で商品を受け取る

なお、LINEとスターバックスといえば、デジタル領域におけるイノベーションの加速化を目的とし、2018年12月に包括的な業務提携を結びました。その一環として「LINE公式アカウント」を2019年4月に開設し、LINE上でのスターバックス カードの発行を開始しました。

両者は「約2年半で、LINE公式アカウントの累計友だち数は、750万人に達し、LINEスターバックス カードの発行数は230万枚を超え、多くの生活者に愛されるプラットフォームとして成長してきた」としています。

LINEスターバックスオーダー&ペイを提供する理由については、「業務提携を開始した初期段階より、LINE上でもモバイルオーダーを求める声は多く、また昨今のライフスタイルの多様化、そして、衛生意識の高まりからもキャッシュレス、非接触サービスの利用意向は加速度的に高まっている」としたうえで、「スターバックスが持つモバイルオーダー&ペイの知見を活かしたサービスを開発し、日本人に欠かせない存在のLINEプラットフォーム上で多くの人に役に立つサービスの提供に踏み切った」と説明しています。

そして、このサービスによる効果として期待されるのが、下記2点です。 

  • 店員と客の対面時間を極力なくす

  • レジ待ちのストレスをなくす 

昨今のご時世でこうした需要が増え、同様のサービスも認知されつつあります。例えば、日本マクドナルドの「マクドナルド モバイルオーダー」では、これまでに 「Apple Pay 対応」や「Yahoo! JAPAN アプリからPayPay支払いで20%還元」(7〜8月実施)など、ほかの決済サービスとの連携を進めています。

(2021年10月22日「スターバックスオーダー&ペイに『LINE版』 レジに並ばずコーヒー注文──12月に全国展開」より転載)

【関連記事】