新500円硬貨、何が変わった? 21年ぶりにデザイン刷新。「詐欺に注意」と日銀

現行の500円硬貨は今後も通用する。日本銀行は「現行の500円硬貨が使えなくなる」などと騙る詐欺に注意するよう呼びかけている。

新しい500円硬貨の発行が、11月1日から始まった

2000年に登場した現行の500円硬貨以来、21年ぶりのデザイン刷新となり、様々な偽造防止技術が施されているのが特徴だ。

新旧でどうデザインが違うのだろうか。

偽造防止技術を導入。世界初の技術も。

財務省の発表によると、新硬貨の素材はニッケル黄銅、白銅及び銅から成り、新たな偽造防止技術として、「バイカラー・クラッド(2色3層構造)」を取り入れている。大きさは直径26.5mmで旧硬貨と同じ大きさだが、重量は0.1g重い7.1gとなる。

他にも、通常貨幣(大量生産型貨幣)としては世界初になるという、「異形斜めギザ」を導入。この技術では、貨幣の側面に施されている斜めギザの一部(上下左右4か所)を他のギザと異なる形状にしている。

貨幣表面の縁には「JAPAN」(上下2か所)と「500YEN」(左右2か所)の文字を加工するなどの偽造防止技術が導入されている。

新硬貨は、令和3年度に2億枚の発行を予定。今後、徐々に流通量が増加していく見込みだという。

500円硬貨、新旧の違い
500円硬貨、新旧の違い
財務省の公式サイトより

現行の500円硬貨はどうなる? 詐欺にも注意

新しい500円硬貨の発行が始まったが、現行の500円硬貨は今後も引き続き通用する

日本銀行は「現行の500円硬貨が使えなくなる」などと騙る詐欺に注意するよう呼びかけている。