夫婦別姓「認めないのは合憲」とした4人の裁判官、不信任が7%超える【最高裁国民審査】

10月31日に実施された国民審査の結果を総務省が公表しました。
国民審査を受ける裁判官(敬称略)
国民審査を受ける裁判官(敬称略)
Jun Tsuboike / HuffPost Japan

10月31日に投開票された衆院選と合わせて実施された、最高裁判所の裁判官の「国民審査」について、総務省が結果を発表した

審査対象となったのは11人で、解職を求める「×」はいずれも有効票の半数を超えず、解職される人はいなかった。

夫婦別姓を認めない民法と戸籍法の規定について、最高裁大法廷は2021年6月、「合憲」との憲法判断を示している。15人の裁判官のうち11人の多数意見によるものだった。

注目された憲法判断(敬称略)
注目された憲法判断(敬称略)
Jun Tsuboike / HuffPost Japan

今回審査対象となった11人のうち、「合憲」と判断したのは、深山卓也氏、林道晴氏、岡村和美氏、長嶺安政氏の4人。「違憲」と判断したのは、宇賀克也氏、三浦守氏、草野耕一氏の3人だった。岡正晶氏、堺徹氏、渡辺恵理子氏、安浪亮介氏は当時、就任前だった。

就任前だった4人と、「違憲」と判断した3人への「×」の割合は5〜6%台だった一方、「合憲」と判断した4人は7%を超えた。

【「×」の投票数と、有効票における割合】

■深山卓也氏=449万554票(7.85%)

1954年9月2日生

元・東京高裁長官

2018年1月9日 最高裁判所判事

■岡正晶氏=357万697票(6.24%)

1956年2月2日生

弁護士出身、元・第一東京弁護士会会長

2021年9月3日 最高裁判所判事

■宇賀克也氏=393万6444票(6.88%)

1955年7月21日生

元・東京大学大学院法学政治学研究科教授

2019年3月20日 最高裁判所判事

■堺徹氏=356万5907票(6.24%)

1958年7月17日生

元・東京高検検事長

2021年9月3日 最高裁判所判事

■林道晴氏=441万5123票(7.72%)

1957年8月31日生

元・東京高裁長官

2019年9月2日 最高裁判所判事

■岡村和美氏=416万9205票(7.29%)

1957年12月23日生

元・最高検検事、元・消費者庁長官

2019年10月2日 最高裁判所判事

■三浦守氏=383万8385票(6.71%)

1956年10月23日生

元・大阪高検検事長

2018年2月26日 最高裁判所判事

■草野耕一氏=384万6600票(6.73%)

1955年3月22日生

弁護士出身

2019年2月13日 最高裁判所判事

■渡辺恵理子氏=349万5810票(6.11%)

1958年12月27日生

弁護士出身

2021年7月16日 最高裁判所判事

■安浪亮介氏=341万1965票(5.97%)

1957年4月19日生

元・大阪高裁長官

2021年7月16日 最高裁判所判事

■長嶺安政氏=415万7731票(7.27%)

1954年4月16日生

元外交官

2021年2月8日 最高裁判所判事

(敬称略、%は小数点第三位を四捨五入)

Popular in the Community