fufubessei

自民党総裁選に立候補する河野太郎氏が、グループインタビューに応じました。
「この制度を導入することによって損する人は誰もいない」。自民県議が訴えました。
「別姓を使うことの不利益を経験している圧倒的多数は女性。女性裁判官が議論に加わることは非常に重要です」
「違憲」とした4人の裁判官。宮崎裕子裁判官は、最高裁判事として初めて旧姓を使用しているという。
夫婦同姓を定めた民法規定について、最高裁大法廷が6月23日に示した2度目の「合憲」判断に、申し立て人の事実婚夫婦らは肩を落とした。だが変化は起きると信じている。
最高裁の裁判官15人のうち女性は2人。弁護団長の榊原富士子弁護士は「足を踏んでいる側と踏まれている側」では、見えている景色が違うと指摘した。
選択的夫婦別姓制度の導入を求める市民団体の事務局長は、「過去40年にわたる人権問題の決着が、また先延ばしされることになりました」と憤りをあらわにしました。
長官と判事の15人全員がそろう大法廷で審理した。大法廷は2015年、夫婦同姓を定めた民法規定を「合憲」と判断していた。
夫婦同姓を定めた民法750条の規定などは「合憲」か「違憲」か。夫婦別姓をめぐり、最高裁大法廷が6月23日午後、2度目の憲法判断を示します。