NEWS
2022年01月13日 16時04分 JST

雪で真っ白な会津若松城が幻想的だから見てほしい。普段は何色か知ってる?写真で見比べてみた

雪国ってすごい…。大河ドラマの舞台や100名城に選ばれた会津若松城。雪化粧した姿が、息を呑む美しさで話題です❄️

tsurugajo1965 / Twitter
吹雪で雪化粧した会津若松城

銀世界にそびえ立つ真っ白なお城−。

そんな画像がTwitter上で話題になっている。

投稿したのは、福島県会津若松市の鶴ヶ城(会津若松城)の公式Twitterアカウント( @tsurugajo1965 )。

1月13日午後2時時点で、 11万8000件のいいねを集め、「雪国ってすごい」「美しいの一言」などと反響を集めている。

広報担当者によると、猛吹雪だった1月12日、合間に晴れ間が見えた瞬間に撮影したという。

会津若松城は鶴ヶ城とも呼ばれ、松平容保(まつだいら・かたもり)や蒲生氏郷(がもう・うじさと)らといった歴史上の人物とゆかりがあり、俳優・綾瀬はるかさんが新島八重役を演じたNHKの大河ドラマ「八重の桜」のロケ地にもなった。

 

本当の屋根は赤色

話題になった写真は全面真っ白だが、普段の屋根瓦は赤いという。

写真は、城の魅力を知ってもらおうと、ほぼ毎日広報担当者が撮影しTwitterで公開している。

Twitterで反響が広がっていることについて、担当者は「魅力を知ってもらう機会になり、とても嬉しいです。これからも発信し続けるので、注目してもらえたら幸いです」と話している。