彭帥さんにインタビューした記者「プロパガンダだった」と語る 米メディア報道

安否が懸念された彭帥さんにインタビューしたフランス紙の記者が、インタビュー後に「中国オリンピック委員会からのプロパガンダの一部だった」と語りました。米メディアが報じています。
北京オリンピックの競技会場で、マスクを着けて観戦する彭帥さん(2022年2月8日撮影)
北京オリンピックの競技会場で、マスクを着けて観戦する彭帥さん(2022年2月8日撮影)
Fabrizio Bensch via Reuters

中国の元最高指導部メンバーに性的関係を強要されたと告発したあと、一時、行方不明が懸念されたテニス選手の彭帥(ほう・すい)さん。

フランス紙「レキップ」が彭帥さんにインタビューをし、現役引退を表明したなどと伝えられていた

インタビューは「プロパガンダの一部」

このインタビュー後の2月8日、アメリカの「AP通信」は彭帥さんにインタビューをした記者の話として、次のように伝えた。

「慎重にコントロールされた会話は、彭帥さんが自分の考えを話し、自由に動けるかどうかについての疑問に答えるものではなかった」

中国のオリンピック関係者が部屋にいて、彭帥さんとの会話を通訳していたという。

レキップ紙の記者は、彭帥さんが自由かどうかまだわからないとした上で、「インタビューは彼女が安全であることを証明するものではない」とAP通信に語っている。

北京での冬季オリンピックの開催中に海外メディアのインタビューを許可することで、彭帥さんをめぐる論争を収束させ、オリンピックへの影響を避けようとしたのではないかーー。

レキップ紙の記者は、中国のこうした意図は明らかだったとした上で、こうAP通信に語ったという。

「これは中国オリンピック委員会からのコミュニケーション、プロパガンダの一部です」

「『彭帥の事件はない』と示すことは、中国オリンピック委員会、共産党、そして中国の多くの人々にとって重要だと思います」

一方、彭帥さんについては「健康そうに見えた」とも語っている。

インタビューの経緯は?

インタビューの経緯についても明かしている。

インタビューはIOCの協力のもと、中国オリンピック委員会を通じて行われ、レキップ紙は事前に質問を送り、一問一答形式で彭帥さんの回答をそのまま掲載することに同意したという。

当初は30分の予定だったが、結局2倍近い時間が与えられ、事前に提出した質問数を超えて、希望するすべての質問ができたといい、「質問に対する検閲は一切なかった」とも語っている。

同席した中国のオリンピック関係者が彭帥さんのコメントを中国語から翻訳。その後、レキップ紙がフランス語のコメントの正確性を確認したという。

彭帥さんの様子は…

インタビュー時の彭帥さんの様子については、こう語っている。

「彼女は迷うことなく私たちの質問に答えました。彼女は自分が何を言おうとしているのか分かっていたのだろう」「しかし、それがフォーマット化されたものであるかどうかはわからない。彼女は、私たちが期待したとおりのことを言ったのです」

性的関係を強要されたと告発した昨年11月の投稿や、関係者との関係について質問されたとき、「彼女はより緊張し、慎重になっているように見えた」という。