IOC

サイモンCEOは「2022年に中国で大会を開催した場合、選手やスタッフ全員が直面しうるリスクを大いに懸念している」と述べました。
中国国営・新華社が2016年6月12日に配信した記事は、副首相在任中だった張氏がバッハ会長と北京で会談したと伝えている。
IOCによると、彭帥選手はプライバシーを尊重してほしいと説明したということです。
「オリンピック憲章違反になりかねない」と日本オリンピック・アカデミーが指摘しています。どんな点が問題なのでしょうか
東京オリンピックパラリンピック前に、LGBTQ差別を否定する声明をIOCが発表しました
国内外で渦巻くオリンピック開催の賛否。弁護士のライアン・ゴールドスティンさんが、法律家の観点から世界的なパンデミックが東京オリンピックにどのような影響を与えるか、コロナ禍におけるスポーツ関連訴訟の傾向を交えて解説します。
「緊急事態宣言下で、複数の競技のテスト大会が成功した。アスリートや日本の人々の安全や安心を守るために設定した全ての計画は、最悪の事態を想定したもの」