ポケモンGO、ロシアとベラルーシでサービス停止。「効果のある制裁なのか?」の声も

ポケモンGOを運営するナイアンティックは「私たちは、ウクライナが受けている暴力と苦痛に対し、平和と迅速な解決を願う国際社会とともにいる」とコメントしています。
イメージ写真
イメージ写真
SOPA Images via Getty Images

スマートフォンアプリ「ポケモンGO」を運営するナイアンティック(アメリカ)は3月11日、ウクライナに軍事侵攻しているロシアと、同盟国のベラルーシでゲームの提供を中止したと企業の公式Twitterで明らかにした。

ナイアンティックは「私たちは、ウクライナが受けている暴力と苦痛に対し、平和と迅速な解決を願う国際社会とともにいる」とコメントしている。

SNSなどネット上では「エンタメさえも停止」「こういう企業はどんどん増えていくだろう」「効果のある制裁なのか?」といった意見が上がっている。