中2で父が逮捕、家を囲う警官「借金取りが来たのかな」。授業中、父の身を案じて泣いた【加害者家族の告白】

中学2年の冬。いつも通り登校準備をしているとチャイムが鳴った。玄関のドアを開けると、外に見慣れない「変な人たち」がいた。ドアを靴で押さえられて、閉められないようにされた。
|

加害者家族を取り上げた記事に対して、1本のメールが届いた。

「私も加害者家族です」

送り主は東日本に住む大学生の女性。中学生の時に父親が逮捕されたという。

「子どもから家族の逮捕がどう見えたのかをお伝えできたら。自分の体験を少しでも正の財産に出来たらと思い、悩んだ末メールしました」とつづられていた。

親が逮捕された子どもの視点から、女性に加害者家族としての体験や感じたことを聞いた。

ドアを開けると、見慣れない「変な人たち」

中学2年の冬だった。

いつも通り登校準備をしているとチャイムが鳴った。玄関のドアを開けると、外に見慣れない「変な人たち」がいた。ドアを靴で押さえられて、閉められないようにされた。

その人たちは、女性や姉には目もくれず、父親を目がけて家の中に入っていった。

「借金取りでも来たのかな」

何が起きたかは分からなくても、異常事態だと悟った。母親に連れられ学校に登校はしたが、気が気じゃなかった。

「借金取りだとしたら、お父さん首を吊っているのかなと思って、授業中に誰にも気づかれないように泣いてました」

父親が逮捕された。

学校から帰ると、母親からそう聞かされた。すでに亡くなっていた父方の祖母が生きているように装い、年金を騙し取った容疑だった。

父親の命の心配をしていたせいか、逮捕と聞いたときは「想定していたよりは軽かった」という心境だった。「わけの分からない業者よりもむしろ警察の方が安心」という気持ちからだったと、女性は振り返る。

父親の事件は新聞やテレビで実名で報じられ、記事には家宅捜索される自宅の写真も載っていた。女性は父親の名前をネットで検索し、出てきた記事を読んで事件の全体像を知った。

よく訪れていた母方の祖父母宅にあった新聞は、女性らが目にしないようにと、その記事だけ切り抜かれていたと伝え聞いた。

「祖父母は当然知っていますけど、私たちができるだけ傷つかないように傷つかないように、周りが配慮してくれました」

翌日、学校に知られていた

翌日に学校に行くと、ニュースを見て気づいた職員がいたようで、学校側は父親の逮捕のことを知っていた。担任の先生は「大丈夫?」と気遣ってくれたという。

「先生に呼び出されて、その後ホームルームに戻って泣いていたんです。先生に話しかけられたことで緊張が解けたみたいな。学校ではずっと隠していないといけないと思ってたので」

クラスメイトは気づいていない様子で、学校で特にいづらさや不便を感じることはなかった。

女性は後日、仲が良かった友人3人には自ら打ち明けた。3人は「えっ」と固まっていたという。

「信頼している3人に言いました。彼女たちは私が泣いていたとき、理由を尋ねてこなかったのですが、後日『泣いてる日あったじゃん。あれ実はこういうことだったんだよ』と言ったら、1人は一緒に泣いてくれて、1人は次の日に手紙をくれた。もう1人は『そうなんだ』とあっさり終わりました」

友人関係もそれまでと変わることはなかった。

「打ち明けられる人がいて、関係が変わらずに済んだのは、周りのいい人に恵まれたから。気持ちも少し楽になりました」と感謝している。

事件について、近所の人たちや大家に取材がいったという。

女性は当時、近所の人たちから避けられているとは感じなかったが、後になって母親から「子供だから気遣ってくれただけで距離を置いた人もいた」と聞かされた。

父との面会、そして別れ

父親とは警察署の留置所で面会した。父親から事件の説明はなかった。日常生活の話をした。

「学校でこんなことをしていて、PCで動画を作る授業で拡張子について教えてもらうみたいな、逮捕される前に家であったであろう会話をして終わりました。母には(説明)したかもしれないですが、私たち3人で行った時は何もありませんでした」

数回目の面会の際、父親がその場所にいる最後の日だと告げられ、その日は泣きながら帰った。父親は拘置所に移送され、それ以降は、いまも会っていない。

父親は無罪を主張していたが、裁判で実刑判決が言い渡された。

「実刑判決になったと聞いて、涙が止まらなくて。家族3人で自宅で抱き合って少し泣きましたね。今思うと、社会的に(父の罪が)認められちゃったんだなと」

「父からは『実はやったんだ、ごめん』と言われたことはないのですが、別に分かっているからいいよという感じ」

服役中は手紙のやり取りを続けた。手紙が週1回ほど届いたが、だんだんと書く内容もなくなっていった。

そして高校2年の夏。父親が刑期を終えて出所することになった。

「これから4人で、周りの人たちにどんな顔をして暮らしていくのか」と女性は不安に駆られた。

父親の態度ややりとりを通して、女性の家族3人は、また一緒に暮らすのは難しいという結論になったという。女性ら3人は別の場所に引っ越し、父親と関係を絶った。

ハフポスト日本版にご自身の体験を語ってくださる方がいましたら、rio.hamada@huffpost.jpまでご連絡をお寄せください。

取材に応じる女性(※写真の一部に加工処理を施しています)
取材に応じる女性(※写真の一部に加工処理を施しています)
Rio Hamada