石田ゆり子さん、“共演NG”の週刊誌報道に「私も困ります」と投稿。明かした思いとは?

石田さんは猫の写真とともに思いを投稿。石田さんは飼い主のいない犬と猫の医療費支援を行う動物保護団体『ハナコプロジェクト』をスタートさせたばかりです。
石田ゆりこさん
石田ゆりこさん
時事通信社

俳優の石田ゆり子さんが6月12日、自身のインスタグラムを更新した。猫と一緒に撮った写真を投稿しつつ、石田さんがある俳優と「共演NG」になっているという女性週刊誌の報道について、苦言を呈した。

石田さんは「そして、あまりこういうコメントを出すのもどうかと思いますが、全く根も葉もないことを書かれて。勝手に共演NGと言われるのは非常に困ります。本当に困ります。こういう根拠の全くないネットニュースを書くかた、何を考えてるんでしょうね…みんなが迷惑ですし、私も困りますので」と記している。

◆飼い主のいない犬と猫に医療を届けるしくみを

同じ投稿で石田さんは、食卓などに陣取るネコに囲まれほほ笑む写真を添えている。自身が理事を務める、飼い主のいない犬と猫の医療費支援を行う動物保護団体『ハナコプロジェクト』についてもふれ、「先日は、ハナコプロジェクトのインスタライブがありまして、てんやわんやではありましたが、沢山の皆さんに見ていただきました」とつづった。

石田さんは5月、「動物たちのために何かしたいといつも思ってきました」と『ハナコプロジェクト』の開始を発表。動物の保護を行う上で、ケガの治療や不妊去勢手術など医療は欠かせないといい、医療費を支援できれば救える命が増えると考え、「飼い主のいない犬と猫に医療を届けるしくみを」と題して、8月までクラウドファンディングを実施している。

5月20日には自身のインスタグラムで、「一人一人の力は小さくてもみんなの力が集まればこの仕組みづくりは犬猫たちの未来をかならず明るくしてくれると信じています」と協力を呼びかけている。