ブリトニー・スピアーズの元夫に3年間の接近禁止命令。「結婚式をぶっ潰す」と自宅に侵入していた

元夫のジェイソン・アレクサンダー氏は、結婚式を挙げていたスピアーズ氏の自宅に侵入し、逮捕されていました。
元夫のジェイソン・アレクサンダー氏(左)とブリトニー・スピアーズ氏
元夫のジェイソン・アレクサンダー氏(左)とブリトニー・スピアーズ氏
CHRIS FARINA VIA GETTY IMAGES AND CHRIS PIZZELLO/INVISION/AP

「結婚式をぶっ潰す」ーー。

歌手のブリトニー・スピアーズ氏の自宅に侵入し、こう叫んで逮捕された元夫のジェイソン・アレクサンダー氏。

複数の米メディアは、アレクサンダー氏がその後起訴され、裁判所が3年間スピアーズ氏に近づくことを禁じる接近禁止命令を出したと報じている。

TMZは、スピアーズ氏の弁護士の話として、「裁判所が真剣に取り組んでいることに満足していて、この厳しい処罰が今後同じことをしようとする模倣犯を抑止することを望んでいる」と伝えている。

AP通信によると、アレクサンダー氏は現地時間6月13日、ベンチュラ郡の裁判所で無罪を主張。だが、裁判官は保釈金を10万ドル(約1340万円)に設定し、3年間スピアーズ氏から少なくとも100ヤード(約30メートル)距離をとることを義務付ける接近禁止命令を出したと報じた。

一体何があった?

事件があったのは、6月9日。

この日、アメリカ・カリフォルニア州にあるスピアーズ氏の自宅では、婚約者サム・アスガリ氏との結婚式が予定されていた

スピアーズ氏の自宅に侵入したアレクサンダー氏は、邸内を歩き回る様子をInstagramでライブ中継。その時の動画には「ブリトニーはどこにいる」と話しながら敷地内を歩く様子が映っていた。

また、「結婚式をぶっ潰すためにここにきた」と述べる一方で、スピアーズさんに招待されたとも主張。「彼女は私の最初の妻で、たった一人の妻だ」「デタラメの結婚式だ」などと叫んだという。

55時間後に婚姻関係を解消していた

スピアーズ氏とアレクサンダー氏は幼なじみで、2004年にラスベガスで結婚したが、55時間後に婚姻関係を解消。スピアーズ氏はその後ケヴィン・フェダーライン氏と再婚し、2人の子どもをもうけたが離婚した。

4年交際したアスガリ氏との婚約を発表したのは2021年9月。父親のジェイミー・スピアーズ氏が、後見制度解除を求める嘆願書を裁判所に提出した後だった。