7月中旬から夏本番で猛暑予想。熱中症や水不足に注意(1か月予報)

7月中旬以降は気温は平年よりも高い所がほとんどで、暑さの厳しい夏が予想されます。
ウェザーニュース

気象庁は7月2日から8月1日までの1か月予報を発表しました。

7月中旬以降は夏の高気圧が勢力を広げ、夏空の広がる日が多くなる見込みです。気温は平年よりも高い所がほとんどで、暑さの厳しい夏が予想されます。その一方で、降水量は少なく、すでにダムの貯水率が低下している西日本を中心に渇水に注意が必要です。

厳しい暑さの日が多い夏

この先1か月の気温予想
この先1か月の気温予想
ウェザーニュース

来週は夏の暑さをもたらす太平洋高気圧の勢力が南に後退し、猛烈な暑さは一旦落ち着きます。7月中旬からは再び高気圧が日本付近を覆うようになって、夏らしい天気が続く見込みです。

日本付近には暖かな空気が流れ込みやすく、1か月の平均気温は九州から北海道にかけては平年よりも高い予想、沖縄や奄美は平年並みか平年より高い予想となっています。

長期間に渡って暑さが続く可能性もありますので、活動する際の対策に加えて日々の体調管理もしっかりと行い、熱中症にならないように注意をしてください。

梅雨の雨量が少ない西日本で水不足が心配

この先1か月の降水量予想
この先1か月の降水量予想
ウェザーニュース

夏の高気圧が弱まる来週は日本付近に湿った空気が流れ込んで、戻り梅雨のような天気が予想されます。台風や熱帯低気圧の発生も加わり、西日本では大雨に対する警戒が必要です。

ただ、雨の期間はそれほど長くは続かず、7月中旬からは夏らしい天気となるため中国・四国から関東甲信の降水量は平年並みか平年より少ない予想となっています。

西日本は梅雨期間の雨量が少なく、すでに貯水率の低下しているダムもあります。来週の雨量にもよりますが、水不足の懸念が出てきますので、今のうちから水の無駄遣いを避けるよう心がけましょう。

【関連記事】