mizubusoku

中東および北アフリカ地域では人口の6割以上が飲料水へのアクセスがまったく確保されていない、または極めて困難な状況にある。
南アフリカの中流階級にとって、水不足はちょっと困ったことくらいにしか感じないようだ。
これで雨の神もきっと振り向いてくれる、はず?
関東地方の水不足が深刻化してきています。
世界に広がる水不足危機は、これまで考えられていたよりも深刻だとの新たな研究結果が発表された。
清潔な水や衛生設備の不足から引き起こされる病気によって、世界中で毎日、5歳以下の子供800人が命を落としている。
急激な人口増加や工業の発展により、世界はいま水不足問題に直面しています。地球水資源の約98%を占める海水の淡水化技術や、水を循環利用するシステムの実用化に取り組んでいます。
PRESENTED BY FUJITSU JOURNAL
My Eyes Tokyoハフィントンポスト版「311特集」。東日本大震災にその人生を大きく左右され、そして被災地の人たちに寄り添って生きることを選んだ外国人をご紹介しております。前回は、チェルノブイリ原発のすぐそばで生まれたアーティスト、カテリーナさんの"チェルノブイリ"と"震災"を軸にした半生をお伝えしました。
カリフォルニア州にとって、2013年は、雨量の観測を開始した1849年以来、最も乾燥した1年だった。
水を安定的に、そして十分に供給することはこれからますます難しくなる。それは人口増に伴う地球温暖化の影響による。新しいデータによると、世界の37カ国がすでに「極めて高いレベルの水ストレス」状態に直面している。