ゲリラ豪雨、昨年より1.4倍多く発生すると予想。7月後半から増加か(2022年)

ゲリラ豪雨の発生数は西日本や関東などで昨年よりも多くなる見込みで、東京ではおよそ800回の予想です。7月後半から9月前半にかけて発生しやすい時期が続くとみています。
2022年ゲリラ豪雨予想発生回数
2022年ゲリラ豪雨予想発生回数
ウェザーニュース
突発的かつ局地的に激しい雨や落雷をもたらす「ゲリラ豪雨」に対し、事前対策への意識を高め被害軽減につなげるため、「ゲリラ豪雨傾向2022」を発表しました。

ゲリラ豪雨の発生数は西日本や関東などで昨年よりも多くなる見込みで、東京ではおよそ800回の予想です。7月後半から9月前半にかけて発生しやすい時期が続くとみています。

全国の総発生数は昨年より多く1.4倍

今年の発生回数(昨年との比較)
今年の発生回数(昨年との比較)
ウェザーニュース
2022年7〜9月のゲリラ豪雨(※1)は、全国でおよそ90,000回発生する予想です(※2)。発生総数はおよそ60,000回発生した昨年と比べると1.4倍、過去5年平均と比べると1.9倍で、今年はゲリラ豪雨の発生が多くなる見込みです。

詳しく見ると、西日本や関東周辺を中心に昨年よりも発生回数が増えて、佐賀県(2,000回)、大分県(2,300回)、茨城県(2,000回)など昨年比で3倍近くとなるところもある見込みです。

その他の人口が多いところでは、東京で800回、愛知で1,000回、大阪で400回となる見込みで、いずれも昨年並の回数となる予想です。

雨雲の発生は山沿いがメインですが、平野部(都市部)にも流れ込んだり、直上で発生したりする場合があります。一回のゲリラ豪雨で激しい雨による道路冠水や低地の浸水、落雷による停電や交通機関への影響など様々な被害が懸念されます。随時最新の雨情報をご確認ください。

7月後半から9月前半にかけて多く発生見込み

7月〜9月のゲリラ豪雨発生傾向
7月〜9月のゲリラ豪雨発生傾向
ウェザーニュース
ゲリラ豪雨は、太平洋高気圧周辺の湿った空気が流れ込む時や、上空の寒気が通過して大気の状態が不安定になる時に発生しやすい現象です。今シーズンのゲリラ豪雨は、7月後半から9月前半にかけて発生しやすい時期が続く見込みです。

9月前半にかけては日本付近が高気圧に覆われて晴れる日が多くなる予想です。ただ、西日本を中心に高気圧の周囲をまわる湿った空気の影響や、地表面の昇温の影響を受けて、ゲリラ豪雨が発生しやすくなります。日差しが届いていても、天気の急変に注意が必要です。

9月後半からは秋雨前線や台風の影響を受けて、突発的かつ局地的なゲリラ豪雨の発生は徐々に減少していき、ゲリラ豪雨のシーズンも終息に向かう見通しです。

湿った空気の流れ込みやすい西日本で発生増加傾向

2022年ゲリラ豪雨発生パターン
2022年ゲリラ豪雨発生パターン
ウェザーニュース
今シーズンは、太平洋高気圧が北側に張り出しやすいため、高気圧の周囲をまわる暖かく湿った空気が、西日本に入りやすい状況になる見込みです。

そのため、西日本で昨年に比べてゲリラ豪雨が多くなると予想しています。
>>1時間毎のゲリラ雷雨予測
※1 「ゲリラ豪雨」について
ウェザーニューズでは減災を目指す上でより広く認知いただくため、一般あるいはメディアでよく使用されている「ゲリラ豪雨」 を局地的大雨を指す言葉として使用しています。

※2 “ゲリラ豪雨”発生回数の求め方
「ゲリラ豪雨」をもたらす雨雲・雷雲は、前線に伴って移動してくる雨雲とは異なり、“突発的”かつ“局地的”に発達するのが特徴です。また、限られた数しか設置されていないアメダス(全国約 1,300 か所)では、全ての降雨を正確に観測することは困難です。そこで当社では、スマホアプリ「ウェザーニュース」のユーザーから寄せられた“ザーザー”以上の降雨報告(※3)と、その時の気象データの分析結果から、ユーザーがゲリラ豪雨と感じる雨の時間変化の基準値を求め、求めた基準値をもとにゲリラ豪雨をカウントしています。

(表1) 「ゲリラ豪雨」判定基準値
11mm/h以上の降水強度を持つ雨について、120分前までの降水強度が以下の基準値に当てはまる事例を対象とする
<時間(〇分前)> <しきい値>
120 ~ 50分前 0mm/h 以下
40 ~ 30分前 1mm/h 以下
20分前 3mm/h 以下
10分前 14mm/h 以下

※3 降雨報告について
スマホアプリ「ウェザーニュース」を通し、“ポツポツ”、“パラパラ”、“サー”、“ザーザー”、“ゴォーー”の5段階で報告されます。

【関連記事】