今夜、国際宇宙ステーションが日本付近を通過。観測のチャンスは?

7月13日(水)夜に国際宇宙ステーション/きぼうが日本付近を通過します。
ウェザーニュース

JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、7月13日(水)夜に国際宇宙ステーション/きぼうが日本付近を通過します。

遮る雲が無ければ、全国的に国際宇宙ステーション(ISS)/きぼうを見るチャンスです。日が沈んで暗くなった空を見上げて、国際宇宙ステーションの姿を探してみてください。

※記載は見え始める時刻の目安です。この時刻から数分間で上空を通過し、肉眼でも観察可能です。

気になる天気は?

13日(水)21時の天気分布予想
13日(水)21時の天気分布予想
ウェザーニュース

沖縄や奄美ではでは晴れてISSの目撃チャンスがありそうです。

そのほかの各地は雲が多く、東日本の内陸など雨の降るところもあるため、ISSを見つけるのは難しそうです。

観測のポイント

国際宇宙ステーションは、一番星のような明るい点が、はじめはゆっくり、天頂に近づくほど速く動いているように見えます。

条件がよければマイナス2等星ほどの明るさ(1等星の基準の約15倍)になる国際宇宙ステーションは、街中でも見つけやすく、方角と仰角が合えば公園や家のベランダで気軽に見られます。

確実に発見したい場合は、できるだけ空が開けていて、周りに高い建物が少ない場所がおすすめです。

国際宇宙ステーション/きぼうとは

シャッターを数分間開けた写真(2021年12月9日)
シャッターを数分間開けた写真(2021年12月9日)
ウェザーニュース

国際宇宙ステーション(ISS)は、地上約400km上空に建設された、人類史上最大の宇宙施設です。(中略)

特別な環境を利用して、宇宙での実験・研究や地球・天体の観測などを行うプロジェクトが国際宇宙ステーション(ISS)計画です。(出典:JAXA)

【関連記事】

ホームページへ