tentaikansoku

7月13日(水)夜に国際宇宙ステーション/きぼうが日本付近を通過します。
肉眼で容易に見える明るさなのは、水星、金星、火星、木星、土星の5つ。観察のポイントをまとめました。
今日は前線の影響で全国的に雲が多くなりそうですが、一部エリアでは観測のチャンスがありそうです。
今年は観測の好条件がそろうため、晴れる地域では多くの流れ星が期待できます。一方で、12日夜は曇りや雨のところが多くなる見込みです。
7月の満月は「バックムーン(Buck Moon、男鹿月)」。今夜の満月は、土星との接近も同時に楽しめます。
明日5月6日(木)は「みずがめ座η(エータ)流星群」が活動の極大を迎えます。
1月3日夜に観測のチャンス。1時間に最大20個程度の流れ星が見られると予想されています。 「しぶんぎ座流星群」の名前の由来は?
12月の満月は「コールドムーン」。名前の由来は? 12月30日の東京の月の出は16時37分です。
ご家族でゆっくり夜空を見上げて、天体観測をお楽しみください。