「ジブリパーク」チケット購入方法は?抽選販売の申し込み方法を3ステップで【簡単解説】

11月1日にオープン予定のジブリパーク。11月分のチケットは8月10〜22日に抽選販売の申し込みを受け付けます。方法を分かりやすく解説します。

スタジオジブリの世界を表現した「ジブリパーク」が11月1日、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園内に開園します。入場は日時指定の予約制。申し込みが集中する可能性がある11月入場分のチケットは8月10日〜22日に抽選販売の申し込みを受け付けます。

チケットはエリアごとに分かれているなど注意が必要な点も。この記事では、抽選販売の申し込み方法を3ステップで分かりやすく解説します。

抽選販売の日程

受付期間:8月10日(水)10:00 ~ 8月22日(月)23:59

当選発表:9月2日(金)15:00頃

引取期限:9月9日(金)23:00

インターネットでの受付です。

※9月10日(土)14時からは、別途先着順販売も行われます。

申し込みの3ステップは?

① 行きたい日を決めよう

▼営業日

11月1日開園。火曜定休(11月1日は営業。学校の長期休暇中や祝日は営業、祝日の場合は翌平日が休園)

▼営業時間と休園日

【平日】10時から17時

【土・日・祝、および学校が長期休暇中の平日】9時から17時

営業カレンダーはこちら

② 3ヶ所のエリアはそれぞれチケットが必要。どこのチケットを申し込むか決めよう

11月にオープンするのは「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3エリア。それぞれのエリアのチケットを日時指定で取る必要があるので注意が必要です。

エリアごとの価格や入場時間を紹介します。全てチケット1枚につき110円のシステム利用料がかかります。障害者はそれぞれ半額です。

▼「ジブリの大倉庫」

パークのメインエリアで、ジブリの秘密がいっぱいつまった大倉庫。ふしぎな町には、作品展示や子どもたちが遊べる部屋、映像展示室、カフェやショップなどが盛りだくさん。大倉庫内にあるネコバスは小学生以下のみ利用できます。

入場料は、大人が平日2,000(土日休日は2,500円)、子ども(4歳から小学生)が平日1,000円(同1,250円)。

指定入場時間は、開園時間(9時または10時)から15時までの1時間ごとに設定されています。

「ジブリの大倉庫」の観覧時間の目安は2~3時間程度です。

▼青春の丘

丘の上から公園を見下ろすのは『耳をすませば』の「地球屋」。ベランダからは園内を一望できます。

入場料は、大人が1,000円、子どもが500円。

指定入場時間は、開園時間から16時までの30分ごとに設定されています。

観覧時間の目安は1時間程度とのこと。

▼どんどこ森

「サツキとメイの家」で『となりのトトロ』の世界へ。裏山の頂上にある「どんどこ堂」には子どもだけが入れます。

入場料は、大人が1,000円、子どもが500円。

指定入場時間は、開園時間から16時までの30分ごとに設定されています。当日限り、「サツキとメイの家」を除く「どんどこ森」の裏山を開園時間中利用可能です。

観覧時間の目安は1時間程度です。

③ 抽選の受付はオンラインのみ。会員登録をして申し込もう

申し込む際には、Boo-Woo会員(無料)への登録が必要です。事前にやっておくと便利です。新規登録はこちらから。

会員登録をすませたら、ジブリパークの予約ページから申し込みましょう。

8月22日の締切間際はサイトが混み合ってスムーズに申し込みできない可能性もあると公式サイトもアナウンスしています。早めに申し込んだ方が安心です。

■ 余裕を持って楽しむために注意したいこと

▼入場時間は余裕を持って選ぼう。再入場は不可

時間は入場時間のみ指定、退場時間については閉園時間まで制限はありません。指定入場時刻より、ジブリの大倉庫は1時間以内、青春の丘・サツキとメイの家は30分以内に入場する必要があります。

複数エリアを同じ日に申し込む場合、移動時間も考慮して予約しましょう。また、各エリアとも退場後の再入場はできません。

▼1回の申し込みで選択できるのは最大6枚

抽選の申し込みは各エリアごとに1人1回のみ。1回の申し込みで選択できるチケットは最大6枚。グループ内で複数人が登録して申し込むことは可能です。(例えば3人で行く場合、2人が登録すれば最大12枚申し込めるため、全員全てのエリアに申し込む=9枚分も可能です)

3歳以下の子どもは申し込み人数に含まず、入場無料です。また、同行者は申込者(代表者)と同時入場になるため、バラバラには入れないことも注意が必要です。チケットは記名式で、購入後に申込者を変更することはできません。