台風8号、今後の進路と天気は?東海・関東に上陸の見込み。線状降水帯が発生するおそれも

台風8号(メアリー)は、1時間におよそ20キロの速さで東海地方の沖合を北上中。13日の昼間に東日本に上陸する見通しだ。今後の台風の進路や、東海・関東の天気情報をまとめた。
台風8号の進路予想
台風8号の進路予想
気象庁の公式サイト

台風8号(メアリー)が東海地方の沖合を北上し、8月13日昼間に東日本に上陸する見通しとなっている。気象庁は、東海地方では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意するよう呼びかけている

13日午前9時時点での今後の予想進路や、天気の情報をまとめた。

進路は?

13日午前6時50分時点の気象庁の発表によると、台風8号は静岡県・御前崎の南西約200kmの沖合を、1時間に約20キロの速さで北北東に進んでいる。中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。

暴風域はないが、中心の東側390キロと西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

台風はこの後、東海道沖を進み、次第に進路を北東に変える予報となっている。13日の日中に東海や関東甲信にかなり接近して上陸する見込みだ。

その後も台風は北東へ進行する予報。14日には台風が離れて、関東などは天気が回復して青空の広がる所が多くなる見通し。15日には温帯低気圧に変わる見込みとなっている。

天気は?東海や関東で大雨のおそれ

13日の日中は、静岡県など東海から関東の太平洋側で大雨のおそれがあり、警戒が必要だ。

12日から静岡県を中心に東海地方で雨が強まり、同県内では多いところで24時間雨量が200ミリを超えているところもある。

気象庁の発表によると、東海地方では大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴って激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨の降るところがある。台風の進路や発達の程度によっては、警報級の大雨や高波となる可能性があるとしている。

さらに東海地方では、13日の日中には線状降水帯が発生し、大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があるという。

14日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで静岡県で300ミリ、関東甲信で250ミリと予想されている

お盆の時期とも重なり、海や川、山などでのレジャーを予定されている人も多い時期。特に台風の進路にあたる地域では、最新の情報に注意し、安全確保を最優先することが必要だ。