オコエ桃仁花さんの人種差別のDM被害、八村阿蓮さんが連帯「無視することは簡単だけど...」

八村阿蓮さん自身も以前、人種差別のDMが送られる被害を公表。「日本には人種差別が無いと言ってる人がいるけどこうやって人種差別発言をする人がいます」と訴えていた。

※この記事には、人種差別の実態を報道するため、差別・中傷の表現が含まれています。

オコエ桃仁花さん
オコエ桃仁花さん
AFP=時事

バスケットボール女子日本代表のオコエ桃仁花さんが、自身のTwitterなどで、人種差別の表現が並ぶダイレクトメール(DM)を送られる被害を告白したことについて、群馬クレインサンダーズに所属する八村阿蓮さんがTwitterでコメントを投稿した。

八村さんは、オコエさんのツイートを引用した上でこのような誹謗中傷を無視することは簡単だけど、僕たちが日常生活で受けているこの現状を発信することはとても大事なことだと思います」などと思いをつづった。

富山県出身の八村さんは、西アフリカのベナン出身の父と日本人の母をもつ。

オコエさん「心が麻痺するくらい」

オコエさんは9月7日、自身に送られてきたDMの写真をTwitterで公開。オコエさんに対し、「黒人の癖にまじできもいね」などと侮蔑の言葉をぶつける内容だった。写真をシェアした投稿には、「もう心が麻痺するくらい、慣れたよ」とのコメントを添えた。

さらに、InstagramのストーリーではこのDMに加え、「汚い!早くアフリカ帰れ」などと書かれた別のDMも公開した。人種差別のDMを送りつけられる被害に日々遭っていることを公表した理由について、次のように明かした。

「無視しろ、かまうな、相手にすんなよ。でも私たちがこのようなDMが日常的によく、送られてくるのが現状です これからの子供たちにそんな思いをしてほしくない。自分のためではなく、これからの多国籍を持つ子供たちが同じ思いをしないために発信してます」

八村阿蓮さんのツイート

「日本には人種差別が無いと言ってる人がいるけど...」発信の理由

八村さん自身も、人種差別や中傷のDMを送られる被害を過去に告白している。2021年5月には、「死ね」「間違えて生まれてきた」など、兄の塁さんと自身を中傷するDMの写真を公開。「日本には人種差別が無いと言ってる人がいるけどこうやって人種差別発言をする人がいます」とつづった。

DMの公開に当たって、「晒してどうにかなる問題では無いと思いますが、皆さんに今一度人種差別の問題について関心を持っていただきたいと思いました」との理由を明かしていた。

♢ ♢

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。