「アダムス・ファミリー」キャストの現在は?大人になったウェンズデー役はスピンオフにも【画像集】

ゴメズやモーティシア、ウェンズデー、パグズリー、フェスター、ハンドくん役俳優のその後を追いました。
|
アダムス・ファミリー
アダムス・ファミリー
Amazon

ホラー・コメディ『アダムス・ファミリー』(1991年)が9月30日午後9時から、金曜ロードショーで放送される。

先祖代々受け継がれた洋館に暮らす、少し奇妙な一家、アダムス・ファミリー。25年前に失踪したゴメズの兄・フェスターが現れ喜びに包まれるが、実は財産を横取りしようと企む顧問弁護士が用意した偽物だった──というストーリーだ。

不気味で魅力的なキャラクターたちに心を掴まれた人も多いのではないだろうか。個性的なキャラクターを演じた俳優たちは今、どうしているのか。画像とともにお届けする。

<ゴメズ>ラウル・ジュリア

ラウル・ジュリア(1993年)
ラウル・ジュリア(1993年)
Ron Galella via Ron Galella Collection via Getty

プエルトリコ出身で、ブロードウェイでも活躍した。

Masterworks Broadwayなどによると、『アダムス・ファミリー』が公開された1991年に胃がんと診断された。公表せずに活動を続けたが、『アダムス・ファミリー2』公開翌年の1994年10月、ニューヨークのアパートにて脳卒中で倒れ、8日後に54歳で亡くなっている

<モーティシア> アンジェリカ・ヒューストン

アンジェリカ・ヒューストン(2021年)
アンジェリカ・ヒューストン(2021年)
Steve GranitzFilmMagic

祖父は俳優、父は映画監督・脚本家で、いずれもアカデミー賞を受賞している。ヒューストン自身も、父が監督した『女と男の名誉』でアカデミー助演女優賞を受賞した。

2013年2014年には回顧録を出版し、子ども時代や長く交際した俳優ジャック・ニコルソンとの関係などについて明かした。近年は『50/50 フィフティ・フィフティ』(2012年)や『カーライル ニューヨークが恋したホテル』(2018年)などに出演している。

<ウェンズデー> クリスティーナ・リッチ

『アダムス・ファミリー』のウェンズデー
『アダムス・ファミリー』のウェンズデー
United Archives FilmPublicityArchive/United Arch
クリスティーナ・リッチ(1991年)お茶目な表情も
クリスティーナ・リッチ(1991年)お茶目な表情も
Mirrorpix via Getty Images
クリスティーナ・リッチ(2022年9月)
クリスティーナ・リッチ(2022年9月)
Willy Sanjuan via Willy Sanjuan/Invision/AP

ウェンズデー役で強烈な印象を残してから、『キャスパー』『バッファロー’66』『ペネロピ』など多くの作品に出演している。

さらに、2022年秋にNetflixで配信開始となる「アダムス・ファミリー」のスピンオフドラマ『ウェンズデー』(ティム・バートン監督)にも出演予定。役柄は明かされていないが、COLLIDERのインタビューでリッチは「今まで演じたことのないような役」とした上で出演の喜びを語っており、ファンの期待が高まっている。

<パグズリー> ジミー・ワークマン

ジミー・ワークマン(1991年)
ジミー・ワークマン(1991年)
Ron Galella via Ron Galella Collection via Getty

アダムス家の長男・パグズリーを当時11歳で演じたジミー・ワークマンは、俳優業から遠ざかっている。

コスモポリタンは2019年に、ワークマンはカリフォルニアで家族と暮らしており、テレビや映画制作の裏方として働いていると伝えた。

<フェスター>クリストファー・ロイド

クリストファー・ロイドさん<br>(2022年撮影)
クリストファー・ロイドさん
(2022年撮影)
Leon Bennett via Getty Images

不気味なのにどこかかわいらしいフェスターを演じたクリストファー・ロイドは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで風変わりな科学者・ドクを務めたことでも知られる。

83歳の今も精力的に俳優活動を続けており、近年では『Mr.ノーバディ』(2021年)などに出演している。シネマトゥデイによると、公開予定作品が複数あるという。

いずれもクリストファー・ロイドが演じた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドク(左)と『アダムス・ファミリー』のフォスター(写真は2の一場面)
いずれもクリストファー・ロイドが演じた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドク(左)と『アダムス・ファミリー』のフォスター(写真は2の一場面)
Universal Pictures via Getty Images / Paramount Pictures via Getty Images

<ハンドくん> クリストファー・ハート

クリストファー・ハート(2022年)
クリストファー・ハート(2022年)
Albert L. Ortega via Getty Images

世界で一番有名かもしれない右手を持つハートはマジシャンで、公開当時のワシントンポストのインタビューでオーディションでは手品を披露したとコメント。公開前の試写で好評だったため、監督はハンドくんの出番を増やしたのだという。

2022年の現在も、ショーに出演するなど活動を続けている。

────

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくために──。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。