『天空の城ラピュタ』若い頃のドーラの姿がこれだ。5秒登場、シータに「そっくり!」の声も【画像】

ドーラは作中で「(シータは)あたしの若い頃そっくりだよ」と発言し息子を戸惑わせる。
|
ドーラ
ドーラ
スタジオジブリ

8月12日の金曜ロードショーは、宮崎駿監督不屈の名作『天空の城ラピュタ』(1986年)。

炭坑で働く勇敢な少年・パズーが、空から落ちてきた少女・シータと出会い、空に浮かぶ伝説の島・ラピュタを探す大冒険に旅立つーというストーリーだ。飛行石やシータを狙うムスカ、空賊のドーラ一家など魅力的なキャラクターばかりで、印象に残るセリフやシーンも多い。

その中でもひときわ強い印象を残すのが、女空賊のドーラだ。

豪傑で息子たちが到底敵わない迫力を持つドーラは、シータのことを「あたしの若い頃にそっくりだよ」と言って息子たちを戸惑わせる。しかし、作中に出てくるドーラの「若い頃」を見てみると、そう簡単に否定できないのだ。

■「似てるかも」「シータもいずれドーラに・・・」

ドーラは非常に魅力的なキャラクターだが、「今」の外見を比べるとシータと似ているとは言い難い。

▼シータ(右)

シータ(右)とパズー
シータ(右)とパズー
スタジオジブリ

▼ドーラ

ドーラ(中央)と息子たち
ドーラ(中央)と息子たち
スタジオジブリ

作中でドーラが「(シータは)あたしの若い頃にそっくりだよ」と言った際には、息子たちが「え?ママのようになるの?」「あの子が?」と目を見合わせる。さらにその後、涙を流すシータを見て「信じられるか?あの子がママみたいになるんだぞ」などとしみじみ言うシーンも。

そんなドーラの若かりし頃の姿が登場するのは、一家の飛行船「タイガーモス」でのシーン。タンスの上の壁に、ドーラと同じおさげ髪をしている若い女性の肖像が飾られており、5秒ほど画面に登場する。

過去に金ローで放送された際、番組の公式ツイッターアカウントで紹介され話題になった。

この投稿で初めてこの事実を知るファンも多く、「似てるかも」「そっくり!!!」「かわいい」「シータもいずれドーラに・・・」「ナウシカに似てる」などの反応が上がっていた。

■ ドーラのモデルは宮崎監督の母親だった

さらに、金ローは2017年にツイッターで、ドーラのモデルが宮崎監督の母親だとも説明。

母親は病気がちだったものの、「その精神的迫力はドーラさんに通じるものがあったそうです」とし、宮崎監督の「兄弟男ばかり4人そろってもおふくろには太刀打ちできなかった」と言うコメントも紹介した。

ドーラは宮崎監督の思い入れの強いキャラクターなのだという。

男兄弟が太刀打ちできない様子は、ドーラとその息子たちに通じるものがある。こうした裏話を知った上で本編を見ると、ドーラの印象が少し変わるかもしれない。