週中頃から一気に気温低下。寒暖差に要注意【週間天気予報】

週中頃に寒冷前線が通過したあとは空気が入れ替わり、気温が一気に低くなる見込みです。寒暖差にご注意ください。
|
週間天気予報
週間天気予報
ウェザーニュース
■この先1週間のポイント■
・週中頃に寒冷前線通過し雨
・前線通過後は気温低下 寒暖差注意
・週後半は前線停滞しすっきりしない

週中頃に寒冷前線が通過したあとは空気が入れ替わり、気温が一気に低くなる見込みです。寒暖差にご注意ください。
» GPS検索 ピンポイント週間天気予報
週明けにかけては引き続き穏やかに晴れる所が多いものの、3日(月)夜からは天気が下り坂に向かいます。

4日(火)〜5日(水)頃にかけて日本列島を寒冷前線が通過し、北海道から九州にかけての広範囲で雨が降る予報です。日本海側の地域を中心に、前線の通過時は一時的に激しい雨の降る可能性があるためご注意ください。
» 雨雲レーダー

前線通過後は気温低下 寒暖差注意

東京の気温変化
東京の気温変化
ウェザーニュース
前線の通過前は南から暖かな空気が流れ込むため気温は平年よりも高めで推移します。ただ、前線の通過後は北から冷たい空気が流れ込むため、一気に空気が入れ替わる見込みです。

週後半にかけて気温は一気に低下し、東京の最高気温は4日(火)が29℃まで上がるのに対して、前線通過後の6日(木)は20℃に届かない予報です。さらに、冷たい風が吹き込む7日(金)には最高気温が15℃までしか上がらない予報となっています。日々の寒暖差が大きくなるため、体調管理にお気をつけください。

今季初めてと言えるこの寒気の影響で、北海道の高い山では初冠雪となり、標高の高い峠道でも雪の降る可能性があります。長距離の移動時は路面状況にもご注意ください。
» この先10日間の服装予報

週後半は前線停滞しすっきりしない

寒冷前線は日本列島を通過後に本州の南で停滞して、この前線や湿った空気の影響で週後半は曇りや雨の天気となる所が多い見込みです。

前線に近い関東など東日本の太平洋側では冷たい雨が降り、一気に秋が深まります。衣類の準備等を進めておいてください。
» この先の天候 長期見解

【関連記事】

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。