男性ブランコが1年前、舞台袖で聞いた大爆笑「自分たちも」と戦った【M-1グランプリ決勝9組インタビュー(2)】

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」。12月18日の放送を前に決勝進出者のインタビューをお届けします。第2回は、決勝初出場の男性ブランコです
|

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」の決勝が12月18日、ABCテレビ、テレビ朝日系列で生放送される。史上最多の出場者7261組の中から勝ち進んだ、9組のファイナリストたちがM-1にかける思いとは━━。

インタビューの第2回目は「男性ブランコ」。2021年の「キングオブコント」(TBS系)で準優勝するなどコントに定評のある2人だが、漫才でも力を発揮してきた。初の決勝進出となるM-1グランプリで「真摯に優勝を狙う」と語る。

男性ブランコの浦井のりひろさん(左)と平井まさあきさん。2011年4月結成
男性ブランコの浦井のりひろさん(左)と平井まさあきさん。2011年4月結成
©M-1グランプリ事務局

━━「M-1グランプリ2022」決勝進出を決めた今の率直なお気持ちをお聞かせ下さい。

浦井 めちゃくちゃうれしいです。発表で名前を呼ばれて、足が震えて身体の力が抜けました。呼ばれた瞬間、はっきり気持ちを表に出した「やったー!」という動きはしていませんが、自分たちとしては(喜びが)相当漏れ出ていた方だと思います。

平井 発表から数時間が経っても、あの瞬間のうれしさが維持されていて。“うれしさ心電図”が上の方で一定しています。合間合間も、ふとした瞬間に「あーうれしい…!」と声に出ちゃってました。

━━今年の予選を振り返っていかがでしたか。

浦井 去年の準決勝で、ひとつ前の出番のロングコートダディさんと、その前のゆにばーすがとんでもなくウケていて、「ここまでいかないと決勝には上がれないんだ」とめちゃくちゃ痛感したんです。その時に舞台袖で聞いた大爆笑が記憶に残っていたので、「あの大爆笑を自分たちも取るんだ!」と思いながらやっていました。

平井 これまで「なんでこのウケで落ちんねん」と思ったことはなくて、毎年「これでは全然足りないな」と思って、実際に落ちてきました。今年は今のところ、「自分たちの全力は尽くした。これなら受かるだろう」と思うことができて勝ち上がらせてもらったので、すごく健康的です。健やかでした。ちゃんと手ごたえを感じながら勝ち進めたのでよかったです。

━━「ファイナリストの中で自分たちが一番○○だ!」・・・「○○ 」に入るのは?

平井 一番「ほがらか」です。ネタの内容はグロいこともありますが、コミカルというか。ニコニコ見てもらえるんじゃないかと思います。ベタというか、シンプルな感じはします。

浦井 「健やか」「ほがらか」「ニコニコ」って、ずっと赤ちゃんみたいなことばかり言ってるのよ (笑)。確かに大人になって知ったものではなく、子どものときに覚えた笑いというか、いい意味で凝っていない。そういう意味で「ほがらか」ですね。

決勝進出者発表会見に登場した男性ブランコの浦井のりひろさん(左)と平井まさあきさん
決勝進出者発表会見に登場した男性ブランコの浦井のりひろさん(左)と平井まさあきさん
©M-1グランプリ事務局

━━ほかのファイナリストの中で意識しているコンビは?

浦井 ロングコートダディさんです。コントがめちゃくちゃ面白くて、漫才でもM-1で2年連続決勝進出。僕らが大阪で活動をしているころからユニットライブをやらせていただいていた先輩(養成所の2期上)で、ずっとちょっと先を行かれている2人。お笑いに対する捉え方や思想、お笑い界での戦い方が近いんです。

平井 僕もロングコートダディさん。ロングさんの作るネタがむちゃくちゃ好きなんです。コント界全体で一番好きなのも、ロングさんがABCお笑いグランプリで優勝した「旅人」のコント。あのネタを初めて見た時に、「こういうネタがやりたかった!」と思ったんです。だから、大好きが故にめちゃくちゃ負けたくないという気持ちでいます。

━━敗者復活で勝ち上がってきたら脅威になると感じるコンビは?

浦井 同期のマユリカです。去年の敗者復活戦でもいいウケ方をしていたので、今年あの勢いで決勝に上がってきたとしたら、めっちゃ刺さると思うので。

平井 やっぱりオズワルドですね。準々決勝でやったネタを最近ライブで袖から見たんですが、めちゃくちゃ面白かったんです。準決勝でのネタ以外にも、そういう面白いネタがまだまだ控えているのを知っているので。

━━優勝賞金1000万円の使い道は?

浦井 記者会見でも言ったんですが、自動車教習所のキャンセル料に使います。心置きなくキャンセルできるように。

平井 もったいないって! キャンセルしないように予定組みなさいよ。車を買ったらいいんじゃない?

浦井 会見で(カベポスターの)永見が言ってた「プライベートジェット」に対抗して、「プライベートカー」で……あ、それだと単なる「自家用車」か。

平井 海外でダイビングをしたいです。スーツの裏地にも刺繍しているほど「シロナガスクジラ」が大好きで、腕にもずっとダイブコンピューターをつけているんです。パラオが(ダイビングに)すごくいいと聞いていて!

浦井 もうオレの分の賞金もあげるから、行って来たらいいよ……。思い切って前人未到の海にでも行ってほしいです。

━━決勝出場にあたって楽しみにしていること、期待していることは?

浦井 登場のシーンで、(ネタ順を決める出番直前の抽選で)名前を呼ばれてあの廊下を歩いていくところですね。もう緊張してなんのこっちゃわからんようになると思うんですが、歩きながらスタジオへ向かっていく間が楽しみです。

平井 (ステージに出る直前の)あのトビラが開いて前に出る瞬間は、ドキドキ+うれしさがありますよね。ベタですが、テレビで見ていたあの登場のしかたができるのが純粋にうれしいです。

━━最後に・・・M-1グランプリ・決勝へ向けた意気込みを一言で!

平井 決勝進出がうれしすぎて、まだ決勝に出る実感があまり湧いていないんですが、出るからには真摯に優勝を狙っていきたいと思います。まっすぐ! 直進! 猪突猛進!

浦井 (何個も言って)どれを書いてもらえばいいんですか?(笑)

男性ブランコここにあり、と示せるようにがんばります。まっすぐ! 全力で! 悔いなく!……って、僕の方は最初のほうだけ書いてもらえれば大丈夫です。

ハフポスト日本版を運営するバズフィードジャパンと朝日放送テレビ(ABCテレビ)は資本関係にあり、この記事は共同企画です。

ホームページへ