ミスコン出場の女性、“缶のプルタブ”で作ったドレスで話題をさらう。「ゴミの山で育った」驚きの過去

ミス・ユニバース世界大会に出場したタイ代表のアンナー・スアンガームイアムさん。スラム街で生まれ育ち、父親はゴミ収集作業員、母は清掃員だったという。
|
ミス・ユニバースに出場したタイ代表のアンナー・スアンガームイアムさん
ミス・ユニバースに出場したタイ代表のアンナー・スアンガームイアムさん
Kaitlyn Morris via Getty Images

1月14日にアメリカで開催された第71回ミス・ユニバース世界大会で、1人の出場者のドレスに注目が集まっている。

その女性が披露したのは、空き缶のアルミ製プルタブを使って作られたドレス。自身の生い立ちにオマージュを捧げたものだった。

いったいどういうことなのか?

「ゴミやリサイクル品の山の中で過ごした」子ども時代

「ミス・ユニバース タイランド2022」で優勝したアンナー・スアンガームイアムさんは、タイ代表として世界大会に出場。ソーダ缶のプルトップとスワロフスキーを組み合わせたイブニングドレスを着用し、審査員や観客を驚かせた。ドレスはタイのブランド「MANIRAT」が、この日のためにデザインしたものだった。

プルタブを使って作られたドレスを着用したスアンガームイアムさん
プルタブを使って作られたドレスを着用したスアンガームイアムさん
Josh Brasted via Getty Images

スアンガームイアムさんは自身のインスタグラムで「このガウンは、子ども時代の身近な環境からインスピレーションを得たもの」だとコメントしている。

スアンガームイアムさんは、父親はゴミ収集作業員、母は清掃員で、子どもの頃から「ゴミやリサイクル品の山の中で過ごした」という。

ドレスに込めた思いをこう明かしている。

「このユニークなガウンは、多くの人からは価値がないと思われているものが、実は独自の価値と美しさを持っていることを示すために、廃棄物とリサイクル素材、つまり缶のプルタブを使って仕立てたものなのです」

「(このドレスや投稿を)見て、耳を傾けてくれてありがとう。願わくは、あなたの自尊心を高めるメッセージになっていたら嬉しいです」

ミス・ユニバースの公式サイトによると、スアンガームイアムさんは24歳。バンコクのスラム街で生まれ育ち、のちにその危険な環境から保護するために寺院に預けられた。

子どもの頃には学校での授業料を払うために、献血やペットボトルの回収、公衆トイレの掃除などを行なった。この時の経験から「タイの子どもたちは十分に教育を受けられているのか」と疑問を持つようになったという。

現在は、多くの非営利団体と協力し、恵まれない環境で育った子どもたちの声を広め、教育にアクセスできる環境を整えるために尽力している。

ホームページへ