なぜか誰も語らない… トム・ハンクスが嘆いた主演映画は?「私にはとても重要だったんだ」

2002年のこの作品。あなたは知っていますか?
トム・ハンクス
トム・ハンクス
Dave J Hogan via Getty Images


数多くの名作に出演し、すでに2度もアカデミー賞を受賞している俳優トム・ハンクスにとって、過去最高の作品を1つに絞るのは至難の業だろう。

そんな彼にも、自身の作品の中で十分に評価を得ていないと感じる映画がある。

66歳のハンクスは映画ポッドキャスト『ReelBlend』の中で、2002年の主演作『ロード・トゥ・パーディション』はなぜか見落とされがちだと話した。

「なぜか、誰も『ロード・トゥ・パーディション』について語らないけど、私にとってはとても重要な映画だったんだ」

『ロード・トゥ・パーディション』はアメリカのクライムドラマで、ハンクスはアイルランド系ギャングの殺し屋マイケルを演じている。マイケルの長男がある殺人現場を目撃したために妻と次男を殺害され、生き残った2人の復讐の旅が始まる。

この映画には、他にも有名な英俳優ジュード・ロウやダニエル・クレイグが出演している。



ハンクスはポッドキャストで、「時が経っても人々が話題にする映画とは何か」についても『ロード・トゥ・パーディション』を絡めてコメント。

「クラシック映画チャンネルをよく見る私としては、1940年代や50年代のものは、無名な映画であればあるほど良い。だって、何の先入観もなく何も知らないからね」

「そうした映画を観て、それが素晴らしく感動的な作品だった時、『この作品が永遠に残っていて、今でも観ることができてよかった』と思うんだ。『ロード・トゥ・パーディション』もそうなるかもしれないね」

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。

ホームページへ