30秒でできる「花粉症対策マスク」の作り方。花粉を99%カットできるインナーマスク、環境省が推奨【手順あり】

市販のガーゼと化粧用のコットンで簡単につくれます
|

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどの症状に悩まされる花粉症。つらい症状の原因となる花粉を99%カットするという「インナーマスク」の作り方を環境省が公開しています。

用意するのは市販のガーゼと化粧用のコットンだけ。できあがったら市販の不織布マスクの内側に重ねて使います。

①縦横10センチ程度に切ったガーゼ2枚、化粧用コットン1枚を用意

Rui Hosomi /ハフポスト日本版

②化粧用コットンを丸めて、1枚のガーゼで包む

Rui Hosomi /ハフポスト日本版

③もう1枚のガーゼを四つ折りにして、市販の不織布マスクにあてる

Rui Hosomi /ハフポスト日本版

④鼻の下にガーゼで包んだコットンを置く

Rui Hosomi /ハフポスト日本版

マスクをつけてみて、息苦しい時はコットンの厚さを半分にしてもいいそうです。環境省はマスクとインナーマスクはどちらも毎日交換することが推奨されるとしています。

ホームページへ