『ちはやふる』の作者が担当した国語辞典が素敵すぎる!これならもっと国語が好きになりそう…

作者の末次由紀さんは「国ちゃんと漢ちゃんと呼んでるこの2人、描くのがとても楽しかったです」とTwitterでコメント

競技かるたを題材にした人気漫画『ちはやふる』の作者、末次由紀(すえつぐ ゆき)さんのイラストが国語辞典と漢和辞典のケースと表紙に起用され、話題を集めています。

3月20日刊行の『旺文社 標準国語辞典 第八版 特装版』と『旺文社 標準漢和辞典 第七版 特装版』のケース
3月20日刊行の『旺文社 標準国語辞典 第八版 特装版』と『旺文社 標準漢和辞典 第七版 特装版』のケース
提供写真

これらの辞書は、3月20日刊行の『旺文社 標準国語辞典 第八版 特装版』『旺文社 標準漢和辞典 第七版 特装版』。1月19日から予約受付が開始されます。

末次さんが自身の著作以外の装丁イラストを手掛けるのは初めてとのこと。イラストは完全オリジナルの描き下ろしです。

末次さんはTwitterで、「国ちゃんと漢ちゃんと呼んでるこの2人、描くのがとても楽しかったです」とコメント。「学び続ける人のそばで笑ってくれる存在になりますように🌈」とエールを送りました。

ユーザーからは、「堅苦しいイメージの辞書がこんなに可愛くなるなんて!」「国語がもっと好きになりそう」「学生時代にこんな素敵な辞書があったら…」などのコメントが寄せられています。

3月20日刊行の『旺文社 標準国語辞典 第八版 特装版』と『旺文社 標準漢和辞典 第七版 特装版』の表紙
3月20日刊行の『旺文社 標準国語辞典 第八版 特装版』と『旺文社 標準漢和辞典 第七版 特装版』の表紙
提供写真
ホームページへ