25日朝は東京-3℃の予報。日本列島がほぼ氷点下、寒波のピークに

雪が降った地域では路面凍結、-5℃を下回るような地域では水道管凍結のおそれがあるため、対策が欠かせません。
25日の予報
25日の予報
ウェザーニュース

今冬一番の寒波は今夜から明日25日(水)がピークとなります。全国的に冷え込みが非常に厳しく、関東以西の都市部でもほとんどの所で氷点下の寒さになる見込みです。水道管凍結への対策が欠かせません。昼間も気温は上がりにくく、極寒の一日です。

日本列島がほぼ氷点下

今夜から明日朝は上空1500m付近で-12℃以下の強い寒気が、日本列島のほぼ全域を覆う予想となっています。この影響で全国的に気温は下がり、厳しい寒さとなる見込みです。

明日朝の全国の気温分布をみると、北海道から九州までほぼ全域が氷点下となる見込みです。西日本、東日本でも山沿いは-5℃以下を示す水色や青色の領域が広がり、北海道は沿岸の一部をのぞいて-15℃以下の予想となっています。

最低気温は東京都心や福岡市が-3℃、大阪市が-2℃の見込みです。大阪市で-2℃台まで気温が下がれば5年ぶりとなります。雪が降った地域では路面凍結、-5℃を下回るような地域では水道管凍結のおそれがあるため、対策が欠かせません。

昼間も厳しい寒さが続く

25日(水)の予想気温
25日(水)の予想気温
ウェザーニュース

寒いのは朝だけではありません。日中も寒気に覆われるため、気温はなかなか上がらず、日差しが届く関東から西の太平洋側でも5℃に届かない所が大部分です。東京都心の最高気温は今日に比べて8℃も低い4℃、大阪市は3℃の予想となっています。

北日本や北陸の一部は最高気温が0℃未満の真冬日の所が多くなる見込みです。札幌の最高気温が-9℃台は4年ぶり、仙台市が-3℃台なら1996以来、27年ぶりとなります。

気温の低下で特にエアコンを使用している場合は暖房効率が悪化します。室内で過ごす間もしっかり着込んだり、カイロなどの小物を活用するなどして、寒さをしのぐようにしてください。

【関連記事】

ホームページへ