この展開は漫画すぎる…!WBC決勝を見逃した人へ。得点シーンを全部見せます【動画】

優勝だあああああ!WBC決勝、3対2で日本がアメリカに勝利。14年ぶりとなる悲願の優勝を果たした。

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝、日本vsアメリカが3月22日午前8時(日本時間)から開催。3対2で日本がアメリカを制し、14年ぶりとなる悲願の優勝を果たした。

日本初得点となる「村上覚醒」のホームランから、エンゼルスのチームメイト、大谷翔平とマイク・トラウトの直接対決まで、見どころを動画とともに振り返る。

試合開始前から熱かった

WBC決勝戦は大谷翔平選手の名言からスタート。試合前、ロッカールームに集まった侍ジャパンを奮い立たせたのは、大谷選手だった。

「憧れるのは、やめましょう」

大谷選手とエンゼルスのチームメイト、マイク・トラウト選手が国旗を手に入場。

両者の直接対決があるのか、期待が高まった。

2回表、試合が動き出す

準々決勝のベネズエラ戦で逆転の満塁ホームランを打ったトレイ・ターナー選手がレフトスタンドへのホームラン。アメリカが先制する。

その後ツーアウト1・2塁とピンチを迎えるも、今永昇太投手が1点で抑えた。

2回裏「村上覚醒」

続く2回攻撃、村上宗隆選手が、初球を振り、右中間へのホームラン。同点に追いつく。

 その後、1アウト満塁のチャンスにラーズ・ヌートバー選手がファーストゴロ。その間に3塁ランナーが帰り、日本は2-1で攻撃を終えた。

4回裏、日本のホームラン!

4回攻撃、岡本和真選手が、左中間へのホームランを決め、日本は3-1とリードを広げた。

8回表、ピッチャーはダルビッシュ

ピッチャーが大勢選手→ダルビッシュ有選手に交代した8回表。シュワーバー選手が右中間へのホームランを決め、アメリカが3-2と1点差に迫った。

その後USAコールが鳴り響く中、ダルビッシュ選手は後続を断ち、日本優勢のまま8回裏へ繋いだ。

9回表、ついに大谷選手がマウンドへ

9回表、満を持して大谷選手がマウンドへ上がった。泥のついたユニフォームの大谷選手。場内にはUSAコールが響き渡った。

2打者目のベッツをダブルプレー、ツーアウトで抑えた。日本、WBC優勝まであとアウト一つの場面で、メジャーで3度もMVPを獲得したスーパースターであり、エンゼルスのチームメイト、トラウト選手との直接対決が実現した。

緊張感が最高潮に達する中、大谷選手はトラウト選手から見事に三振を奪ってゲームセット。

14年振りとなる、悲願の優勝を果たした。

注目記事